病院で「気のせい」と言われたけど、喉がヒリヒリ痛い原因は?

■喉がヒリヒリ痛い時に考えられる病気は?

喉がヒリヒリ痛い時、ただの風邪ではなく病気が隠されている可能性があります。考えられる病気は、どんなものなのでしょうか?

・逆流性食道炎、咽頭炎、悪性リンパ腫など
・我慢せずに病院で検査を受けて原因解明を!

 

喉がヒリヒリ痛い場合に考えられる病気を調べてみると、こちらの7つ
の病気がありました。

○逆流性食道炎

・胸やけや吐き気を催す病気
・胃で消化されなかった食べ物が食道へ逆流して起こる
・胸の痛み、酸っぱい液体が上がってくるなどの症状もある

○咽頭炎

・ウイルス感染や外部からの刺激で起こる喉の炎症
・発熱や倦怠感がある
・2週間程度で治るが、慢性化することもある

○悪性リンパ腫

・リンパ球の異常な増加が原因で起こるガン
・わきの下、首、足の付け根のリンパ節が腫れる
・扁桃腺肥大が起こることもある

○甲状腺腫瘍

・喉の下の甲状腺にこぶのようなしこりができる
・悪性と良性があり、大半は良性
・喉の違和感やしこりを感じたら、すぐに病院へ

○胃潰瘍

・胃の粘膜に炎症を起こして、粘膜がえぐれて起こる
・遺産と胃粘液の分泌バランスが崩れる
・食事中や食後にみぞおちに鈍い痛みが出る

○咽喉頭異常感症

・喉や食道の狭窄感があり、原因が見つからない
・喉に小さなボールが詰まっている違和感がある

○自律神経失調症

・自律神経のバランスが乱れて起こる症状
・めまい、しびれ、頭痛、不眠などの症状が出る
・内科や耳鼻科で原因不明なら自律神経失調症が原因

このように、喉がヒリヒリ痛い場合に考えられる病気は多いのです。

しかし、病院で「気のせい」と言われた場合は、咽喉頭異常感症か
自律神経失調症のどちらかが考えられます。

■咽喉頭異常感症を治すには?

もし、咽喉頭異常感症だった場合、治すには、どうしたらいいのでしょうか?自分でできる対策を探してみました。

・喉だけではなく、鼻、口、精神的な症状が原因
・対策は、自分の原因を知って解消することから始める

 

咽喉頭異常感症の場合、喉の症状だけではなく、鼻、口、食道、胃、
肩こりなどのどと直接関係がない症状が原因になっていることも。

蓄膿症や食道がんなどがを患っている場合は、それが原因です。

また、精神的な不安や緊張、ストレスなどが原因になっていることも
あります。

こうした原因をはっきりさせるために、咽喉頭異常感症の検査は
とても重要!

検査は、このようなことを行います。

・採血(アレルギー、炎症、甲状腺機能についての検査)
・顎部超音波検査(甲状腺や頸部の病気の検査)
・頸部MRI、頸部CT(頸部の深い場所にある病気の検査)
・上部消化管内視鏡検査(食道~胃の病気)
・心理テスト

これらの検査を行って、何が原因かをつかんでから咽喉頭異常感症
の治療を進めていきます。

咽喉頭異常感症の治療は、原因となっている病気の治療を行い、
そのうえでストレスがあるなら精神安定剤が処方されます。

しかし、精神安定剤に頼らないで治療をしたい場合は、自分にあって
いるストレス解消法を探してみましょう。

私は以前、仕事のストレスがたまりにたまって高熱を出したときに、
「来月、有休を使って旅行に行こう」と決めました。

それからストレスが軽くなったのか、風邪がいつもよりも早く治り、
その次の月に、有休を使って本当に友人と旅行に行ったのです。

その旅行をしてから、「仕事でストレスが溜まっても旅行に行けば
いい」という余裕ができて、あまりイライラしなくなりました。

普段はしないような思い切った行動をとると、気分転換になり、
気持ちもすっきりしますよ!

■咽喉頭異常感症の別名は「ヒステリー球」

咽喉頭異常感症には、別の名前があります。それは「ヒステリー球」。極度のストレスでなる病気なのです!

・普段からストレスをためないように言いたいことははっきり言う
・我慢をすると、ヒステリー球を起こしやすくなる

 

普段からストレスをためないようにするためには、言いたいことを
はっきりと言うようにしましょう。

・相手に言われたことが本当は違うのに否定をしない
・理不尽なことがあったのに誰にも報告をしない
・腹が立つことがあったのに誰にも話さず我慢している

このような状態が続くと、ヒステリー球を起こしやすくなります。

ヒステリー球を起こす前に、普段から悩み事や愚痴をこぼす相手を
作って嫌なことを聞いてもらうようにしましょう。

■食べているときに喉の痛みを感じない場合

喉がヒリヒリ痛むのに食べている時だけは痛みを感じない場合は、食べることでストレスが解消されていることが考えられます。

・食べ続けていると、太る上に過食症になる可能性も!
・対策は、のど飴をなめたり、ガムをかんだりして気分を紛らわす

 

食べているときは喉のひりひり感がなくなる場合、ついつい食べ続け
てしまいます。

普段でも、少ない量をずっと食べるのは、なかなか止められません
よね?

しかし、それでは太る上に、過食症になる可能性もあります。

ですので、喉が痛くなって条件反射で何か食べたいと思ったときは
のど飴をなめたり、ガムをかんだりして気分を紛らわしましょう。

ストレスが溜まっている状態では、食べることに頼ってしまいやすい
ので、過食症には注意をしてください。

体質が原因で1か月ごとに風邪を引くのですが、対処法は?

■1か月ごとに風邪を引く理由

1か月ごとに風邪を引くのは、体質が原因である場合と何かの病気になってしまっている場合があります。

・まずは病院へ行き、検査をする
・生活習慣に問題がないか確認をする

 

1か月ごとに風邪を引くのは、何かの病気が隠れているサインの
可能性があります。

まずは、病院へ行って検査を受けてください。

そして、病気が隠されていない場合は、風邪を引きやすい体質である
ことが考えられます。

この体質は、実は生活習慣で作られているので、生活習慣を改善
することで、1か月ごとに風邪を引くのを防げます。

睡眠や食事など、基本的な習慣を規則正しく行うようにしましょう。

少し前の話なのですが、私の旦那はとても風邪を引きやすい時期が
ありました。

私は小さいころから虚弱体質で風邪を引きやすかったのですが、
旦那は私と結婚後に風邪を引きやすくなったのです。

「私のせいで旦那まで、風邪を引きやすくなってしまった」と責任を
感じ、風邪についていろいろ調べてみました。

すると、食生活の乱れが原因で風邪を引きやすくなっている
可能性が出てきたのです!

私は風邪予防のために、大豆イソフラボンを多くとろうと納豆を
毎日のように食べていました。

ここまでは良かったのですが、他の大豆食品をとることがあまり
なかったのです。

どんなに体に良い栄養素でも、一つの食材ばかりからとっていると
栄養のバランスが乱れてしまいます。

私はもともとはまりやすいタイプで、体に良い食材を知るとそればかり
食べることがよくありました。

風邪予防のために、同じ栄養素でも複数の食材からとるようにした
ところ、旦那も私も風邪を引かなくなったのです。

毎日の生活習慣には思わぬ欠点がありますので、注意深く見直して
みてください。

■にがり水ですぐに体質改善できる?

1か月ごとに風邪を引く体質を食事だけで改善するには数か月かかります。もっと早く改善する方法はないのでしょうか?

・にがり水で腸内環境を整えると効果的
・全身の免疫の60~70%が腸内に集まっている

 

即効性のある腸内環境の整え方に、にがり水があります。

にがり水とは、にがりを数滴入れた水のことで、飲むとマグネシウムを
効率よく摂取することができるのです。

マグネシウムが体に入ると代謝が上がり、エネルギー消費量が増えて
体の余計な脂肪を燃やし、代謝が上がります。

その結果、便通もよくなって腸内の免疫機能も高まります。

体の免疫システムというとのどや鼻の粘膜がメインというイメージ
ですが、実は全身の免疫の60~70%が腸内に集まっているのです。

そのため、便秘などで腸内に毒素が溜まると、免疫機能が著しく
落ちてしまいます。

にがり水を飲んで便秘を解消し、腸の免疫機能をアップさせましょう!

■効果的なにがり水の飲み方は?

にがり水を効果的に飲むには、どうしたらいいのでしょうか?ここからは、にがり水の飲み方についてご説明します。

・レモン汁を加えるとクエン酸効果でマグネシウムの吸収率が上がる
・効果がないときはにがりの量を増やさないで、飲む回数を増やす

 

まず、にがり水の基本的な作り方はこちらです。

○にがり水の基本的な作り方

・アルカリイオン水180ccににがり2~3滴入れる
・1回に飲む量はコップ1杯までにする
・1日に3~5回飲む

このにがり水を飲んでみて、いまいち風邪に効果がない場合は、
レモン汁を少し入れましょう。

そうすることで、レモンに含まれるクエン酸がマグネシウムの吸収を
サポートしてくれます。レモンのほかには梅干しなどが有効です。

体に効率よく吸収されて、腸内環境を整え、免疫力をあげるのです。

これでも効果が得られない場合は、にがりの濃度を上げるのではなく
1日ににがり水を飲む回数を増やしてください。

1日8~10回までなら、増やすことができます。
それ以上増やすと、鉄分の過剰摂取になるので注意しましょう。

にがり水は作ったその日のうちに飲み切るのが理想ですが、
2~3日であれば保存がききます。

冷蔵庫でほかの飲み物と同じように保存して、飲むときは軽く振って
から飲むようにしてください。

また、小さめのコップで飲む場合は水100ccににがり1~2滴たらして
飲むようにしましょう。

ちなみに、にがりはスーパーの豆腐コーナーや無印良品などで販売
されています。簡単に手に入るので、始めやすいですよ!

また、にがりを入れた浴槽につかるのも効果的です。

■にがりに含まれているマグネシウム以外の栄養素

にがりには、マグネシウムをはじめとするミネラルが含まれています。具体的には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか?

 

にがりに含まれている栄養素は・・・

・マグネシウム
・カルシウム
・銅
・過酸化水素を分解する酵素の原料であるセレン
・鉄分 など

この中で鉄分と銅は薄毛や白髪に効果的です。
ほかにも、美肌効果、ダイエット効果、デトックス効果があります。

風邪予防以外にも、うれしい効果があるにがりは手に入れやすく
続けやすいのでぜひ、試してみてくださいね。

1か月ごとに風邪を引くの場合は、長期間にわたってにがり水などの
風邪予防を続けていかないと、なかなか治りません。

しかし、根気強く続けていれば、体質は少しづつよくなっていきますよ。

風邪予防になる、のどにやさしい発声法はありますか?

■のどにやさしい発声方法が知りたい

風邪を引いているときは、のどに負担をかけない発声方法にすれば喉の不調を早く治すことができます。

・共鳴発声法を身につければ、声の通りが良くなる
・無理をして声を出すことがなくなるので、喉の負担が軽くなる

 

発声法には、いろいろな種類がありますが、のどにやさしい発声法は、
「共鳴発声法」という方法です。

「共鳴発声法」とは、歌うときの発声法を話すときに活用する方法で、
簡単に身に着けることができます。

「共鳴発声法」の簡単な身に着け方を、調査してみました。

○「共鳴発声法」の身に着け方

1 「イー」と声を伸ばしながら、口の中の天井・口蓋に当てる
2 上の前歯に声が当たる感覚を覚える
3 その感覚を意識しながら「イーウーエーオー」と続ける
4 すべての母音で響く感覚を覚えたら、まず挨拶の練習をする

母音での感覚をマスターしても挨拶の練習になった途端に、できなく
なってしまうのですが、繰り返しているうちにできるようになります。

声の通りが良くなれば、普段から喉に力を入れすぎないので、
喉が疲れることが減ります。

「共鳴発声法」を身に着けて、喉への負担を減らしましょう!

また、のどにやさしい発声方法にはほかに腹式発声法がありますが、
腹式発声法は、腹筋がないとできないイメージがありますよね。

腹筋に自信がない人でも、できるのでしょうか?

■腹式発声法は腹筋がなくてもできる?

腹式発声法は、腹筋がなくても身に着けることができます。しかし、腹筋の中のインナーマッスルを鍛えなければなりません。

・インナーマッスルは腹式呼吸で鍛えることができる
・短い息をお腹を使って吸ってはいてを繰り返す

 

インナーマッスルとは体の内側の筋肉のことで、ここを鍛えることで
姿勢が良くなったり、声が良く出るようになったります。

インナーマッスルは、腹筋や背筋とは違い、筋トレで鍛えることが
できません。

インナーマッスルを鍛えるには、腹式呼吸を連続で行いましょう。

ゆったりとした腹式呼吸よりも短い腹式呼吸を連続でする方が
効率よくインナーマッスルを鍛えることができます。

お腹を使って短く息を吸って、短く息を吐くようにしましょう。
それを30回を目安に繰り返して1日1セット行ってください。

腹式呼吸を行う上で重要なのは、「横隔膜の上げ下げ」です。

息を吸うときは「横隔膜が下がる」イメージを持って、息を吐くときは
「横隔膜が上がる」イメージを持ちましょう。

また、息を吐いてお腹をへこませた状態をキープすることでインナー
マッスルを正しく鍛えることができます。

■インナーマッスルを鍛えると、どんなメリットがある?

腹式発声でインナーマッスルを鍛えることで、どんなメリットがあるのでしょうか?調査してみました。

・関節が安定して、姿勢が良くなる
・腰痛やケガも防止するので、疲労がたまりにくくなる

 

インナーマッスルを鍛えることで、体にはこんなメリットが生まれます。

○関節が安定する

・インナーマッスルを鍛えると関節が安定する
・関節痛になりにくくなる

○姿勢が良くなる

・インナーマッスルを鍛えると、姿勢保持筋が鍛えられる
・デスクワークでも立ち仕事でも猫背にならない

○腰痛を予防する

・インナーマッスルには大腰筋、腸腰筋なども含まれている
・これらの筋肉が鍛えられ周辺の血流がよくなる
・腰回りに老廃物が溜まらないので、腰痛やぎっくり腰予防になる

○けがを予防する

・インナーマッスルが強くなれば肘、膝、肩などのけが予防になる
・四十肩、五十肩の改善にもつながる

姿勢が良くなれば疲れにくくなり、体調も崩しにくくなります。

また、風邪を引いているときは、腰が痛いという人も多いのではないで
しょうか?

腰痛などの症状は、風邪と一緒に出ることもあるのです。

腰痛がなくなれば風邪をひいた時のつらさも軽くなるので、治りも早く
なります。

私の友人が、腹式発声を練習しているのですが、友人はもともと声が
小さく、人と話すのが苦手なタイプでした。

しかし、最近始めたパートで人前で話す機会ができてしまったので
苦手意識を克服しようと、腹式呼吸を始めたのです。

腹式呼吸を始めてからの友人は、姿勢が良くなり、声の出もよくなった
ので、「自分に自信を持っている人」という雰囲気になりました。

本人も「人と話すのが楽しくなった」と言っていたので、腹式呼吸は
精神的にもよい効果があるようです。

また、お腹から発生をすることで、血行もよくなるのか、友人の顔色が
いつも以上に良くなっていて、美肌効果も少なからずあるようですよ。

■インナーマッスルを鍛えれば、便秘が治る!

喉を傷めやすい人、風邪を引きやすい人は、便秘で毒素が溜まっていることが多くあります。インナーマッスルは便秘にも有効です。

インナーマッスルを鍛えると、便を押し出す力が強くなり、排便が
スムーズにできるようになります。

 

排便がスムーズになり、便秘が解消されれば体に毒素が溜まらない
ので疲れや不調が出にくくなります。

腹式発声法は、喉に優しい発声法であるだけではなく、体にさまざま
な効果を発揮するのです。

また、共鳴発声法も、声が良くなり相手に与える印象がよくなるという
うれしい効果もありますよ。

両方の発声法を試してみて、自分に合っている方を選んでください。

どうやったら喉の粘膜が弱くてすぐ風邪を引く体質を治せる?

■水分をとっても喉の粘膜が強くならない

喉の粘膜が弱いせいで、すぐ風邪を引く場合は水分補給をすると体質が改善しますが、これだけでは治らない場合の対処法は?

・水分をとっても喉が弱いのが治らないのは、循環していないから
・余計な水分を排出して、水分の循環を良くすると効果がある

 

喉が弱い原因は、喉の乾燥ですがただ単に水分をとればよいという
わけではありません。

喉と水分の関係について調べてみると、体に余計な水分が溜まって
いる状態で水分補給をしても、喉の粘膜は正常化しないそうです。

体の中に余計な水分が溜まっていると、余計な水分を排出する役割
のリンパ管が詰まってしまいます。

首には太いリンパ管があり、頭部の余計な水分を運んでいます。

このリンパが詰まると、喉に余分な水分や老廃物が溜まってしまい
喉の不調につながるのです。

水分補給をすれば、古い水分は押し流されますが、流れが悪くなって
いるリンパ管の場合は、なかなかスムーズに流れません。

ですので、リンパマッサージをして古い水分を排出してから水分補給
をするようにしましょう!

また、リンパには余計な水分を排出する役割のほかに、免疫機能の
役割も果たしています。

血液とリンパ液の間をリンパ球が往復して、免疫のネットワークを
作っているのです。

リンパマッサージをして余計な水分を追い出し、免疫力を上げれば
自然と喉の粘膜も強くなりますよ!

■首のリンパマッサージを自宅でする方法

首には太いリンパ管が流れているのですが、大切な血管・神経も集まっているので、マッサージは優しく行ってください。

・首のリンパマッサージは優しくなでるようにする
・左の鎖骨のリンパ節が一番重要

 

首のリンパマッサージを行う際は、まず首回りにクリームを塗るように
しましょう。また、指の腹でマッサージするようにしてください。

クリームは普段使っているもので、滑りが良くなるものなら何でもOK。
少し多めに塗って、肌への摩擦を防ぎましょう。

○首のリンパマッサージ

1 左右の鎖骨を人差し指と中指で挟むように左右になでる
2 左右の鎖骨の下を手のひらで外側に向かってなでる
3 耳の下からまっすぐになでおろして鎖骨の外側の端へ
4 鎖骨の外側から内側へ優しくなでる

このマッサージは寝る前に行うと、効果的です。
喉の粘膜が強くなるだけではなく、こんな効果もあります。

・美肌効果
・小顔効果
・血流促進効果

リンパマッサージにホットタオルで温めると、さらにマッサージの効果が
高まります。

そして、リンパマッサージは左の鎖骨のリンパ節を一番丁寧に行う
ようにしてください。

全身を流れるリンパ液のほとんどがここで、静脈流と合流して心臓に
戻っていくからです。

■鎖骨のリンパマッサージで痛みを感じるのはなぜ?

首のマッサージをする前に、リンパの採取出口である鎖骨周辺をマッサージしますが、痛みがある場合、なにが原因なのでしょう?

・リンパが詰まっていて老廃物が溜まっているのが原因
・優しく痛くなるなるまでマッサージを繰り返すと老廃物が流れる

 

鎖骨のリンパは、全身のリンパが心臓へ老廃物を流すための最終
出口になっています。

このリンパをマッサージして痛みを感じる場合、老廃物がうまく心臓へ
流れず、鎖骨にたまっているのです。

優しく繰り返しマッサージをして、鎖骨のリンパにたまっている老廃物を
流してください。

また、あまり太っていないにもかかわらず鎖骨が埋もれている場合は
かなりリンパが詰まっている状態です。

丁寧にマッサージをして、老廃物を流してあげましょう!

■リンパを流れるNK細胞はがん細胞を撃退する!

リンパマッサージをしてリンパの流れをよくすることで、水分の循環が上がり、免疫力が高くなりますが、実はガンも予防できるのです!

・リンパの中を流れるNK細胞はがん細胞をよく食べる
・NK細胞は笑うことで増やせる

 

リンパの中を流れる細胞の中に、NK細胞というものがあります。
このNK細胞はがん細胞が大好物でよく食べてくれるのです。

つまり、リンパの流れをよくしてNK細胞を増やすことができれば、
風邪を引きにくくなるだけではなく、がん予防もできるのです!

NK細胞を増やすために、一番効果的な方法は「笑うこと」です。

お笑い番組を観たり、コメディー映画を観たりして、思いっきり笑って
風邪とガンを予防しましょう。

また、思いっきり笑う気分ではないときは、口角を上げるだけでも
脳が「笑ってる」と勘違いしてNK細胞が増えるのです。

疲れたときや体調を崩しているときは、口角を上げて過ごして免疫力を
高めましょう。

私は、昔から風邪を引きやすい体質だったのですが、体調を崩し
かけたときは必ずお笑い番組を見るようにしています。

思いっきり笑うことで、体のだるさや落ち込んでいる気分が軽くなり
少し体調が回復したような気分になるのです。

また、仕事中に疲れたときはトイレの鏡を見て、口角を上げて笑うよう
にしています。

少しでも気分を軽くすることで、疲労がたまるのも防げますし、
いつでもどこでも手軽にできるので、続けやすいですよ!

喉の粘膜が弱くてすぐ風邪を引く場合は、リンパマッサージと笑うこと
を毎日続けてみてください。

のど弱いせいで喉風邪ひきやすい体質は禁酒すれば治る?

■毎日アルコールを飲んでいると、風邪をひきやすくなる?

仕事や家事のストレスを解消するために、毎日飲酒する人は多くいますが、これが原因で風邪を引きやすい体になるのでしょうか?

・アルコールは体の水分を奪うので、脱水症状になりやすい
・健康によい量を知っておけば、脱水症状を予防できる

 

アルコールは、毎日のストレスを軽くして気分を高揚させてくれますが
飲みすぎると免疫力を低下させてしまいます。

私の場合は、20代のころからアルコール好きで、毎日のように飲んで
います。

お風呂上りに350mlのビールを4本飲むのが日課だったのですが、
友人に「それは飲みすぎだよ!」と注意されて控えるようにしました。

すると、今まで風邪を2か月に1回のペースでひいていたのに、
3~4か月に1回程度しかひかなくなったのです!

また、よく肌が乾燥していたのが改善されて、肌に少しつやが出る
ようになりました。

体質が変わったことがうれしくて、アルコールを控えるほかにも、
鼻うがいや適度な運動を始めました。

すると、どんどん体質が変わっていき、疲れにくくなって風邪もあまり
ひかなくなったのです!

調べてみると、アルコールには利尿作用があるので、尿の量を増や
して体の中の水分を奪ってしまいます。

また、アルコールを分解するのに大量の水分を使うので、
さらに水分が足りなくなります。

飲みすぎると脱水症状を起こす原因はこの2つです。

また、体の中の水分が減ると血液循環が悪くなり、免疫力も落ちます。

アルコールの量を控えるようにすることは、免疫力を上げて体質改善
のよいきっかけになります。

アルコールの適量は種類によって、違うので種類別の適量を把握して
おくとよいですよ。

また、体質改善のために禁酒をすると、ストレスがかなりかかって
そのストレスで免疫力が低下します。

逆効果になるので、禁酒ではなく、減らすようにしましょう。

■アルコールの適量はどれくらい?

アルコールを飲みすぎると免疫力を下げてしまいますが、適量なら百薬の長になります。適量を知っておきましょう。

・ビールなら大瓶で本、ワインならグラスで3杯が適量
・デスクワークなどで体を動かさない人は少なめにする

 

1日のアルコールの適量を知っておけば、飲みすぎを防ぐことが
できます。

○1日のアルコールの適量

・ビール 大瓶2本
・日本酒 2合
・ウイスキー ダブルで3杯
・焼酎 お湯割りで3~4杯
・ワイン グラスで3杯

ビールの大瓶は、1本で633ml入っています。
それを2本までOKなので、1,266ml。缶ビールだと約3.6本分です。

健康のことを考えながら飲んでも意外と多く飲めるのですが、
これはあくまでも目安。

日中に体をよく動かしている人は、この量で良いのですが、デスク
ワークなどで体をほとんど動かさない人は、少なめにしましょう。

また、疲れているときや体調がすぐれないとき、ストレスが溜まって
いるときなども控えめにするようにしてください。

自分の状態に合わせて、アルコールの量をコントロールすれば、
健康に味方してくれる百薬の長になりますよ!

■アルコールで喉が弱くなるのは、冷えも原因?

喉が弱い人は、アルコールの影響で喉が冷えてしまい、免疫機能が低下していることが考えられます。

・アルコールを飲みすぎると喉を冷やしてしまう
・成長ホルモンが出る時間帯も起きているので、新陳代謝が下がる

 

アルコールを大量に飲むと、喉を冷やすことになります。
その結果、喉の免疫機能である粘膜の働きが弱くなります。

また、アルコールを飲んで夜更かししていると、成長ホルモンが多く
出て細胞が生まれ変わる時間帯も起きていることになります。

これでは、免疫力は下がる一方なので、喉風邪引きやすい体質に
なるのです。

そうならないためにも、アルコールは午後10時以降は控えるように
して、その日のうちに寝るようにしましょう!

また、飲み終わったら白湯を1杯飲んで、喉を温めてください。

喉を温めることで免疫機能を高めてから寝れば、翌朝の寝ざめも
よくなりますよ。

■その他の喉風邪を引きやすい体を改善する方法は?

アルコールの飲みすぎや飲みタイミングを治すことで、喉風邪はひきにくくなりますが、他にも改善法があります。

・冷えを感じたら、ホッカイロを張るようにする
・首の後ろに張ると、喉の粘膜を温めることができる

 

自宅にいるときなどに冷えを感じたら、首の後ろにホッカイロを張るよう
にするとよいでしょう。

首の後ろに張ることで、喉の粘膜を温めることができるからです。

喉の粘膜を温めれば、ウイルスや雑菌が入ってきても、すぐに追い
出すことができます。

喉風邪を引きやすい体質を改善するには、体やのどを温めることが
一番です。

ホッカイロや白湯、マフラーなどでしっかり喉の周辺から体を温めるよう
にしましょう。

そして、食事の栄養バランスにも気を付けるようにすると、喉風邪を
ひきにくくなります。

アルコールの量が多いと、食事がとれなくなることもありますが、
適量であれば、栄養バランスのとれた食事がとれます。

アルコールを適量飲む、喉を温める、食事のバランスを改善する。

この3つを完璧にこなすのは大変なので、まずはできる範囲で改善
していきましょう。

しょっちゅう声枯れ風邪をひいてしまうけど、対処法はなに?

■声枯れ風邪の対処法

声枯れ風邪は、ただしゃべりづらいだけではなく、イライラしてしまって周囲に迷惑をかけます。声枯れ風邪の対処法は?

・のど飴をなめる、はちみつをなめる、お茶でうがいなどが対処法
・無理に声を出さないで、筆談などにする

 

声枯れ風邪は、喉の痛みだけではく「話すことに喉が詰まる」
「これが出ないので周囲の人と会話できない」などがあります。

とても困る症状ですが、こんな対処法で改善することができます。

・のど飴をなめる
・はちみつをなめる
・お茶でうがいをする
・声を出さないで筆談にする

身近な方法で、かなり身近な方法で改善するのです。

のど飴をなめることで、喉の粘膜に水分がいきわたります。
ヒリヒリとした痛みも和らいで症状が軽くなります。

また、はちみつには優れた殺菌効果があるので、消炎作用にも
優れています。

そして、お茶でうがいをすることでお茶に含まれるビタミンCが直接
のどに作用します。

粘膜の健康を維持して炎症を抑える効果があるので、のどの痛み
を軽減することができます。

そして、声枯れ風邪の時に無理をして声をだすと、余計声が枯れて
しまいます。

そうならないように、筆談などをするようにしてください。

また、周囲に声が枯れていることを話し、小さい声で話す必要がある
のを分かっておいてもらいましょう。

■声枯れのツボを刺激して、声を出しやすくしよう!

声枯れのツボを刺激することで、声を出しやすくできます。声枯れのツボとは、喉のどこにあるのでしょうか?

・喉仏の斜め下にある
・指の腹で優しく押すように刺激する

 

声枯れのツボは、左右の耳元から鎖骨の真ん中に向かって
斜めに通っている胸鎖乳突筋の内側にあります。

胸鎖乳突筋の内側の縁で、喉仏の斜め下にあるのツボが
「声枯れのツボ・水突(すいとつ)」です。

この水突を指の腹を使って、弱い力で刺激します。
こうすることで、声の出が良くなるのです。

他にも、こんなツボがあります。

○臂臑(ひじゅ)

・肩などの痛みに有効
・肩の三角筋の前縁の下の方にあるツボ
・痛気持ちいい程度の強さで押す

○合谷(ごうくう)

・喉の痛みや腫れを和らげるツボ
・人差し指と親指の骨の間を強めに長く刺激する

できるだけリラックスしているときに、こうしたツボを押してみて
ください。

ツボ押しのタイミングで、ちょうどよいのは入浴前ですね。

ツボを刺激して血行をよくしてから入浴すると、毒素が体から
出ていきやすくなるからです。

■腹式発声にすれば、喉が痛くても声が出るようになる

腹式発声にすることで、喉が痛くても声が出るようになります。お腹から声を出す方法を習得しましょう。

・背筋をまっすぐに伸ばして、腹筋に力を入れる
・お腹を押しながら発声することで腹式発声が身につく

 

声枯れ風邪で喉が痛いときは、お腹から声を出すようにしてくだ
さい。

また、腹式発声ができないという人は、こんな方法で練習を
してみてください。

○腹式発声をする練習

1 背筋をまっすぐにする
2 腹筋に力を入れるか、指でおなかを押す
3 脅すような感じで「おい!」と言う
4 腹筋の力を抜くか、指をおなかから離す
5 腹筋に力をいれて「おい!」と言う

これを繰り返しているうちに、腹式発声ができるようになります。

また、しゃべるときは声のトーンを少し上げてしゃべると声のとおり
がよくなります。

腹式発声を普段から心がけることで、喉への負担が減ります。

声枯れ風邪は、喉の使い過ぎも一つの原因ですので、声が枯れる
原因が減りますよ。

とくに大きな声を出すときは腹式発声を、心がけてください。
大きな声を出すことは、喉にとても負担になります。

■声枯れ風邪で水分をとってもすぐに喉が渇く

声枯れ風邪で水分をとっても、すぐに喉が渇くのは脱水症状が原因と考えられています。

・塩分不足でも脱水症状になる
・薬の常用で唾液の量が減ることも原因のひとつ

 

脱水症状には、ただの水分不足による高張性脱水と、塩分不足に
よる低張性脱水があります。

高張性脱水は、水分補給をこまめにしなかったことが原因ですが、
低張性脱水は、塩分不足による脱水症状です。

体の中のナトリウムが多く失われると、塩分濃度が薄くなります。

口の渇きや肌の乾燥などは少ないですが、頭痛や吐き気を起こし
ます。

激しい口の渇きがある場合は、水分不足が原因の高張性脱水
症状が原因です。

こまめに水分補給をするようにしてください。

私は昔からしゅっちゅう風邪をひいていました。
特に夏場はばててしまって、のどがかれることもよくあったのです。

病院を受診したときに、「水分が足りていないので、こまめに水分
補給をしてください」と医師に言われたこともあったのです。

しかし、言われて数日は気を付けるものの、すぐに忘れてしまい
また水分不足になって体調を崩していました。

最近は、加齢に伴って水分が足りなくなると肌が突っ張ったり、
喉に違和感を感じるようになり、自分から水分補給しています。

こまめに水分をとるようになってからは、喉の不調も減り、
声の出もよくなりました。

忙しいと、水分をとるのをついつい忘れてしまいますが、常に飲み物
を持ち歩いて、こまめに水分補給をしましょう。

水分補給をすれば、喉の粘膜も強くなりますし、しゅっちゅう声が
枯れることもなくなりますよ!

2か月に1回風邪をひく理由は生活習慣が原因ですか?

■2か月に1回風邪をひく原因は?

風邪をひきやすい体質の人で、2か月に1回風邪をひく場合は、その人の生活習慣が原因です。

・血液中の白血球が減るような生活をしている
・白血球が減ってしまう原因はストレス

 

血液中の白血球が減ってしまうと、免疫力が落ちて風邪ウイルスに
対抗できない体になってしまいます。

白血球が減ってしまう原因について調べてみると、ストレスである
ことが分かりました。

ストレスは、活性酸素を産むので、それが細胞や血液を壊して
白血球の数を減らしてしまいます。

ですので、2か月に1回風邪をひいてしまう場合は、ストレスを
軽くする方法を考えましょう!

ストレス解消法でもっとも効果があるのは、泣くことです。
涙を流すことで、副交感神経が働きリラックスできます。

泣くことは心と体を健康にする作用がありますので、ストレス解消に
かなり有効です。

嫌なことがあったら、家に帰って思いっきり泣くようにしてください。

そして、噛む動作にもストレス解消効果があります。
ガムを噛んで「噛み壊す」という行動をすれば、冷静になれます。

イライラしたら、ガムを噛むようにしてください。

2か月に1回風邪をひくのは、疲れやストレスが主な原因。
毎日の生活で疲れやストレスをこまめに発散してください。

■1度風邪をひいたらなかなか治らない場合は?

頻繁に風邪をひくのは生活習慣が原因ですが、一度風邪をひいたらなかなか治らない原因はなんでしょうか?

・風邪薬があっていない可能性がある
・ストレスなどで症状が悪化してしまっている

 

風邪がなかなか治らない場合は、市販薬などで治療をしている
ことが多いです。

自分の症状を正しく理解できていない状態で、あってない風邪薬を
飲んでしまっている可能性があります。

ですので、風邪をひいたら病院へいきましょう。

また、病院で薬を処方されているにもかかわらず、ストレスなどで
症状が悪化してしまっている可能性もあります。

そういう場合は、薬以外にも体を冷やさないようにするなど、
ケアすることを心がけてください。

また、とても強いストレスを抱えていて風邪を繰り返したり、
長引かせたりしている場合は、精神安定剤を飲むケースもあります。

しかし、本当に飲むべきなのでしょうか?

■精神安定剤で風邪体質は治せる?

精神安定剤でストレスを抑えることで、本当にストレスからくる風邪は予防できるのでしょうか?

・精神安定剤の中には、依存性が強いものがある
・ストレスは取り除けても免疫力は上がらないので効果はない

 

まず精神安定剤を使用すると、依存してしまうことがあります。

現在、精神安定剤はベンゾジアゼンピン系のものが多いですが、
依存性は低いと言われています。

それでも、他の薬と違い依存の危険性があるので、ストレス解消
目的では飲まない方が良いでしょう。

深刻な不眠や精神疾患を抱えている場合は、病院で処方して
もらってください。

それ以外は、精神安定剤に頼らないようにしましょう。

また、疲れているにもかかわらず眠れない場合に睡眠薬を
使う人もいますが、睡眠薬も依存性があります。

たまに飲む程度ならいいですが、常用は避けましょう。

私の友人で、体調が悪くて眠れないときに睡眠薬を使っている
人がいました。

普段は使わないようにしていたのですが、たまに飲んだ日は
「睡眠薬に頼ってしまった」と少し落ちこんでいました。

睡眠薬や精神安定剤は、使っていること自体がストレスになって
しまうことがあります。

ストレス解消のために飲んでいる薬で、ストレスを感じてしまうのは
逆効果なので、気にしてしまう場合は、使用しないでください。

睡眠薬の代わりにホットミルクを飲んだり、読書をしたりして、
薬に頼らない方法で寝るようにしましょう。

また、睡眠薬を使って無理やり眠るよりも、こうした方法で睡眠を
とる方がはるかに睡眠の質がよくなります。

■2か月に1回のペースで風邪をひく原因は睡眠の質の悪さ?

睡眠薬を使って無理やり眠ると、起きた後にぐったりするような感覚になります。睡眠薬では、質の良い睡眠は得られないのです。

・広くて薄い枕にすることで、睡眠の質が良くなる
・理由はどんなに寝返りを打っても、頭が枕から落ちないこと

 

睡眠の質を決めるのは、「枕」と言われています。

人は1晩に30回前後の寝返りを打つと言われているので、寝返り
を打つたびに枕から落ちていては熟睡できません。

ですので、広くて薄い枕にすることで、どんなに寝返りを打っても
頭が枕から落ちず、朝まで熟睡することができます。

また、寝室の電気をつけっぱなしにして寝るのは、安眠妨害と
なりますので、部屋を暗くして寝るようにしましょう。

しかし、真っ暗でもよくないのでカーテンを少し開けて外の光を
取り入れるようにしてください。

また、朝はカーテンを開けて朝日を浴びることで、体にスイッチを
入れることができます。

そして、伸びをしたり、ストレッチをしたりして体を目覚めさせること
で1日のリズムにメリハリが生まれます。

2か月に1回のペースで風邪をひいている人は、ストレスや睡眠の
質の悪さが原因。

まずは、ストレス解消と睡眠改善をしてみて、それでも風邪をひき
やすい体質が治らない場合は、別の方法を試しましょう。

自分に合っていそうな方法を、ひとつひとつ試すことで、体質
改善の方法が見えてきます。

高熱と喉の痛みを繰り返すのは、ヘルペスができてるから?

■喉の痛みや高熱を繰り返す理由は?

喉の痛みや高熱を繰り返す場合、喉に何らかの異常が起きている可能性が高いです。のどに起きやすい異常とは?

・10%の確率で起こるウイルス性の風邪にかかっている
・37度前半の熱が1週間以上続く

 

風邪の90%近い原因はウイルスですが、残りの10%程度の原因
は細菌による風邪です。

以前、私の友人が細菌による風邪にかかったことがあるのですが
37度台前半の熱が1週間以上続いていました。

そして、咳が2週間以上止まらない状態で、「咳が夜中出てるから
寝むれない」と話していました。

友人は仕事が忙しく、それでも病院へ行く時間がなかったのですが
熱がひいてから病院へ行くと、抗生物質を出されたそうです。

その後、数日で友人の風邪は治りましたが、細菌が撃退
しきれていなかったようで、すぐにまた風邪をひいていました。

細菌性の風邪は、ウイルス性の風邪と違い、一度治ってもすぐに
再発してしまうことがあります。

高熱と喉の痛みを繰り返す場合は、この細菌性の風邪にかかって
いる可能性が高いので、すぐに病院へ行きましょう!

感染しやすい最近は、マイコプラズマやクラミジアですが、ヘルペス
に感染するケースもあります。

ヘルペスに感染すると、どのような症状が出るのでしょうか?
喉にできるヘルペスの症状について、調べました。

■喉にヘルペスができている可能性がある?

喉にヘルペスができていると、水も飲めないくらいに痛みが出てしまうことがあります。具体的に、どんな症状が出るのでしょう?

・喉の奥に赤い小さな水疱ができたり、呼吸で痛みを感じる
・口内炎をつぶしたときに出てきた液体で感染する

 

ヘルペスというと唇や背中などのイメージがありますが、実は喉
にもできるものです。

喉の奥にヘルペスができてしまうと、赤い小さな水疱ができて、
呼吸で痛みを感じるようになります。

そのほかには、高熱が出たり、のどにひりひりとして痛みを感じる
こともあるのです。

ヘルペスに感染してしまうきっかけは、口内炎。

口内炎ができたときにつぶしてしまうと、出てきた液体が喉に
ついてヘルペスに感染してしまうことがあります。

ヘルペスは軟膏をつけて治療するのが一般的ですが、
喉の奥では軟膏をつけられないので、とても治りにくいです。

治療方法としては、飲み薬を毎日飲んで少しづつ症状を改善
していきます。

ヘルペスウイルスは感染してしばらくの間、潜伏していることが
ほとんどなので、症状を繰り返しやすいのです。

免疫力が高い健康な時は症状が出ずに隠れていて、免疫力が
下がって調子が悪くなってくると、ウイルスが出てきます。

ヘルペスが出たら、免疫力を上げるようにしましょう!

■高熱と激しい喉の痛みがある場合は?

細菌性の風邪は微熱が続くことが多いのですが、中には高熱と激しい喉の痛みが出てしまうこともあります。

・溶連菌感染症の可能性がある
・突然の発熱や急に喉が痛くなった場合は注意

 

高熱と激しい喉の痛みがある場合は、溶連菌感染症という症状
に感染している可能性があります。

突然の高熱、急に喉が痛くなる、全身がだるいなどの症状が出たら
溶連菌感染症を疑うようにしましょう。

溶連菌感染症は、大人であれば安静にしているだけで治ります。
リラックスして熟睡できる環境を、作るようにしましょう。

また、市販薬で十分な効果が得られることもあるので、
体力の回復を待てば自然治癒することも多いです。

普段から使っている解熱剤や鎮痛剤があれば、それらを飲むよう
にしてください。

しかし、中には声が出なくなるほどに喉が腫れてしまうことも
あります。これでは、生活に支障をきたしてしまいますよね?

そうした場合は、すぐに病院へいくようにしましょう。
溶連菌感染症と診断された場合、抗生物質が処方されます。

そして、完治するまで人に移さないようにマスクをするように
してください。また、手洗いうがいも忘れずにしましょう。

■繰り返す原因は生活習慣の可能性も!

同じ症状を繰り返す原因は、まだ症状が完治していないという可能性と生活習慣が良くないという可能性があります。

・不規則な生活を送っていると、同じ症状を繰り返す
・夜更かしや偏った食事、運動不足などを改善しないと治らない

 

同じ症状を繰り返すということは、その症状になりやすい生活を
ずっと続けているということです。

喉の痛みと高熱を繰り返す場合、喉を傷めることと熱が出るような
ことを繰り返していると考えられます。

寒い時期でも冷たい飲み物ばかり飲んでいたり、夜更かしをしたり
時間がないからとシャワーで済ませていませんか?

こうした習慣が、喉にとってよくないのです!

温かい飲み物を飲む習慣を作り、1週間に1度などくらいのペース
でゆっくり湯船につかるようにしましょう。

そして、偏った食事内容や運動不足などになっていないか日頃の
自分の生活を見直してみてください。

また、ケアをこまめにするのも大切なので、喉の痛みを繰り返すなら、
のどスプレーやのど飴などのケアグッズを常に持ち歩くようにしましょう。

細菌性の風邪や症状は、免疫力を高くすることで予防と改善が
できます。

かかると治りにくいので、免疫力を上げるためにも不規則な生活は
改善するようにしましょう。

低い深部体温を上げるには、どんな方法がありますか?

■深部体温を上げる方法は?

風邪をひきやすい人は、深部体温が低い人がほとんどです。ですので、深部体温をあげることで風邪をひきにくくなります。

・深部体温とは体の中心の体温のこと
・深部体温は皮膚体温よりも高い

 

深部体温とは、体の中心部分の体温のことで皮膚の表面の体温
とは少し違います。

私たちが普段の生活で測れる皮膚表面の体温は皮膚体温と呼ばれ、
深部体温のほうが高いのが特徴です。

体の内側から発せられる体温は、皮膚の方へ行けば行くほど
低くなっていきます。

その理由は、冷気などに体が触れること。
冷えを感じると、まず手足の皮膚体温が下がります。

そして、脳や心臓などの生命維持に必要な臓器が集まっている
中心に温かい血液を集めるようになるのです。

つまり、深部体温を上げることができれば脳や心臓に温かい血液を
送らなくてもよくなり、皮膚体温も下がりにくくなります。

そして、深部体温を上げる方法を調べてみると、とても簡単な方法
ばかりでしたので、今すぐにでも始められますよ!

○深部体温を上げる方法

・歩く時間を増やす
・姿勢をよくして血管をまっすぐに伸ばす
・熱を逃しにくい格好をする
・冷たい飲み物を控える
・水分を適度に取る
・体を温める食べ物をとる
・体に必要な鉄、亜鉛、マグネシシムを含む自然塩を食べる
・食事は腹八分目までにする
・よく噛んで、唾液の量を増やす
・よく笑って、血液の循環を良くする
・皮膚の乾燥を防ぐ
・ストレスを減らす

深部体温を上げるには、健康的な行動をとることが効果的という
ことが分かります。

どれもお金があまりかからない上に、すぐに実践できますね。

■深部体温が上がる方法を実践するならいつがよい?

深部体温を上げる方法は、手軽にできるものが多いですが、実践するなら時間帯はいつが良いのでしょうか?

・午前中や昼間、夕方など1日3回くらいに分けて行うとよい
・夜に深部体温を上げると睡眠できなくなる

 

深部体温を上げるなら、午前中や昼間、夕方など活動をしている
時間帯が良いでしょう。

血行が良くなり、脳や体の機能も高まるので、集中力があがり、
仕事の効率もよくなりますよ。

1日1回で集中的に行うのではなく、1日3回くらいに分けて
少しづつ実践していってください。

また、夜に深部体温を上げると脳や体の機能が活性化して
「活動モード」に入ってしまい、睡眠できなくなります。

ですので、深部体温を上げるのは夕方までと決めましょう。

夜は熟睡できるように、就寝に向けてゆっくり体温を下げていって
ください。

半身浴や足湯などで軽く体を温めて、1時間後くらいに寝ると
適度に体温が下がっている状態で眠ることができます。

■深部体温が低いままでいると起こる症状は?

深部体温を上げて免疫力を高めることで、得られる効果はとても多いですが、もし低いままでいたらどうなるのでしょうか?

・太りやすくなる
・老化が早く進む

 

人の体は、36度台で正常に働くようにできています。

ですので、35度台という低い体温だと体にさまざまな弊害が
出てくるのです。

低体温で体に起こる弊害とは、風邪をひきやすくなること以外にも、
太りやすくなることと、老化が早く進むようになること。

人の体温を維持するためには、エネルギーが必要となります。
そのエネルギーとは、基礎代謝のことです。

深部体温が高ければ基礎代謝は高く、深部体温が低ければ
基礎代謝は低くなります。

平熱が36度台の人は35度台の人に比べて、基礎代謝が12%
高いといわれてます。

12%の基礎代謝が違えば、1日で消費するカロリーが180kcal
も違うことになり、1か月では5,400kcalもの差になるのです。

そして、新陳代謝の違いは40~50%となります。

つまり、低体温だと40~50%も細胞の生まれ変わりが遅れると
いうことです!

低体温のままでいると、風邪をひきやすいだけではなく、
太りやすくなり、老化も進みやすくなるのです。

どんどん不健康になっていってしまいますので、できるだけ早く
深部体温をあげるようにしましょう!

■深部体温が低い人は橋本病の可能性がある?

深部体温が低い人の中には、橋本病にかかっている可能性もあります。橋本病とは、どんな病気なのでしょうか?

・甲状腺の炎症が悪化して起こる病気
・むくみ、寒がりになる、皮膚が乾燥するといった症状が出る

 

甲状腺の炎症が悪化することで起こる橋本病は、むくみや
寒がり、皮膚の乾燥、脈がゆっくりになるといった症状が出ます。

橋本病は甲状腺が腫れて大きくなり、そのまま固くなります。
そして、甲状腺機能が低下するのでこうした症状が出るのです。

深部体温が低いだけではなく、首が太くなった、喉が腫れている
といった症状もある場合は、すぐに病院へ行きましょう!

私は橋本病になったことはありませんが、体温は基本的に低い
です。

ですので、風邪をひきやすく疲れやすいという困った体質でした。

30代に突入してからは、免疫力を上げるべく適度に運動したり、
鼻うがいなどで風邪予防を意識的に行っています。

最近は、かぜをひかなくなり、体力も増えたので、仕事以外も
趣味や遊びを楽しむ余裕もできました。

趣味を楽しむと、ストレスが軽くなるので、風邪をひきにくくなると
いう良い循環が生まれますよ!

のどや鼻だけではなく目周辺の粘膜を強くする食べ物は?

■粘膜を強くすれば風邪をひきにくくなる!効果的な食べ物は?

粘膜は粘液で表面がおおわれているので、ウイルスやほこり花粉などの外敵の侵入を守ってくれる役割があります。

・粘膜は目、鼻、口、喉、食道、消化器官、性器などにある
・粘膜は些細なことで弱ってしまうので、繊細

 

粘膜がある部分は鼻や口などがわかりやすいですが、目、鼻、口、
喉、食道、消化器官、性器などにもあります。

例えば、喉の粘膜が弱くなるとこんな症状が出てきます。

・すぐに喉が痛くなる
・喉がイガイガする
・喉に引っかかる感じがする
・飲み込みやすい
・咳が良く出る
・話そうとすると咳が出る

他の部分の粘膜も弱ると体に不調が起こるので、全身の粘膜を
強くするために、食べ物で対策を打ちましょう。

粘膜を強くするには、ムチンという栄養素が含まれている食べ物を
食べるようにするとよいですよ。

・納豆
・山芋
・オクラ
・なめこ
・里芋
・レンコン
・モロヘイヤ など

ムチンは、糖とタンパク質が結合した多糖類の一種です。

粘膜自体にもたくさん含まれている成分なので、目や鼻、のどなど
が常に潤うために必要なものです。

ムチンはネバネバした食べ物に多く含まれているのですが、
熱に弱いので食べるときは加熱しすぎないように注意しましょう。

■ビタミン類、亜鉛などの栄養素がのどによい

ムチンのほかにはビタミン類、亜鉛などの栄養素が粘膜によいです。毎日の食事に取り入れてみてください。

・ビタミン類は粘膜の構成や成長、健康維持に有効
・亜鉛は粘膜の新陳代謝に欠かせない栄養素

 

粘膜の構成、成長、健康維持にはビタミン類が欠かせません。

○ビタミンA

・粘膜や皮膚を構成する上に、皮細胞を作る働きをする
・粘膜を健康的に維持する効果が高い
・緑黄色野菜、レバー、うなぎ、バター、チーズなどに含まれている
・油に溶けると吸収率が良くないので、油で炒めると効果的

○ビタミンB2

・三大栄養素の代謝を助ける栄養素
・皮膚や粘膜機能と成長にも大きく影響している
・レバー、うなぎ、アーモンド、卵、納豆、乳製品に含まれている
・たりなくなると、口内炎や舌炎になりやすくなる

○ビタミンB6

・粘膜や皮膚の健康を維持する働きがある
・レバー、さんま、卵、まぐろ、カツオ、大豆製品に含まれる
・神経の興奮や動脈硬化を防ぐ効果もある

○ビタミンC

・粘膜や皮膚の健康維持に欠かせない栄養素
・野菜全般、果物全般に含まれている
・消費量の多い栄養素なので、毎日とった方が良い

○亜鉛

・粘膜の新陳代謝を活発にする
・うなぎ、ほたて、豚レバー、納豆、卵、かきに含まれている
・貧血予防にも効果があるので、虚弱体質にも有効

私はもともと風邪をひきやすい体質だったのですが、以前は体重
を気にして、卵やレバーなどを食べないようにしていました。

また、ネバネバ系の食べ物ももともと好きではなかったので、
避けていました。

そのときは自覚がなかったのですが、それが原因で食生活が
偏っていたのだと思います。

よく鼻水が出ていたし、寒くもないのにくしゃみが出ることが
多かったです。

しかし、風邪をひきやすい体質を改善しようと、卵やレバーなども
食べるようにして、苦手なネバネバ系にも挑戦しました。

その結果、少しづつですが風邪をひくペースが遅くなってきて、
風邪の症状が出ても以前ほどひどくなることがなくなったのです。

食生活はその人の粘膜の強さに、そのまま影響します。
粘膜を強くする食べ物を食べて、風邪を予防しましょう!

■粘膜に悪い食べ物とは?

粘膜に良い食べ物をたべて、強くすることも大切ですが、悪い食べ物を避けることも大切です。

・小麦などに含まれるグルテンはアレルギーを引き起こす
・血行が悪くなる食べ物や、嗜好品もよくない

 

小麦、大麦、タイ麦などに含まれるたんぱく質の一種である
グルテンは、アレルギーを引き起こす可能性があります。

ですので、粘膜に良くありません。

また、血行が悪くなると皮膚と同じように粘膜の状態も悪化する
ので血行が悪くなるような冷たい食べ物は避けましょう。

そして、お酒やカフェインなどの嗜好品を大量に取るのも、健康
はもちろん、粘膜にもよくありません。

お酒やカフェインなどは適量を心がけましょう!

とくにお酒はアルコールの分解に水分が必要となるので、
水分不足になり、乾燥を招きますよ。

■粘膜を強くして風邪を防ぐには、卵がよい?

粘膜を強くする食べ物をいくつか紹介しましたが、その中でも卵が風邪予防に有効なのです。

 

卵が風邪予防に有効なのは、卵白に鼻やのどの粘膜と同じ
成分が多く含まれているから。

卵の卵白に含まれている「リゾチーム」というタンパク質分解酵素が、
ウイルスを排除して繁殖を抑えてくれます。

ダイエットや胃腸に負担をかけないために、卵をあまり食べない
人が多いですが、1日1個は食べるようにしましょう。

また、卵白の「リゾチーム」と同じ成分に「ラクトフェリン」があります。
「ラクトフェリン」は、牛乳やヨーグルトに含まれるたんぱく質。

こちらも鼻やのどの粘膜と同じ成分が含まれていますよ。
このように、粘膜を強くする食べ物はとてもたくさんあります。

自分の好きな食べ物を中心にできるだけ多くの粘膜によい食べ物
を食べるようにしてください。

同じ食べ物ばかりを食べ続けるよりも、効果が出やすいですよ。