子供の免疫力を高める美味しい食事、嫌いを克服

子供の好き嫌いを考えながらの免疫力を高める食事

子供は、好き嫌いが激しいですよね。ついつい嫌いな物を無理強いしがち、子供の免疫力
を高めるためには、子供が喜ぶ食事の工夫

子供の免疫力を高めるためには子供が喜ぶ食事を作ってみませんか?
風邪をひかないように病気にならないようにと、ついつい嫌いなものを無理強いしがち。

これは、栄養があるから、これを食べると風邪をひかないわよ!と子供のことを考えてい
る食事なのですが、子供は嫌々食べていることもあります。

大人になってから小さい頃に無理に食べさせられたからとたくさん食べた食材がトラウマ
になり食べられなくなることもあります。

特によく聞くのは、トマトやたまねぎなどの野菜、臭いや食感が嫌いな人も多いのニンニ
クやショウガ、春菊、オクラなど。

料理の工夫次第では、子供が嫌い、トラウマになることを防ぐこともできそうなのですが、
嫌いな食材の形を変えることや臭い、食感を抑える調理法に変え工夫も必要です。

子供の免疫力を高めるための食事の基本は、子供のエネルギー必要量、1日の栄養カロリ
ーが上手に摂取されているかどうか、偏食のない食事のメニューも大切な課題ですよね。

1日に必要な子供のエネルギー必要量、栄養カロリー

厚生労働省発表の2015年版、日本人の食事摂取基準では、年齢別の推定エネルギー必要
量、1日の必要なカロリーは、1,250~3,150カロリー

1日に必要な推定エネルギー必要量の参考表は、男性、女性、年齢別、生後5か月~70歳
以上、身体活動レベル、低い、ふつう、高いに分かれ発表されています。

1,250カロリーは、6~7歳の身体活動レベルの低い女の子、3,150 カロリーは、15~17歳
身体活動の高い男の子、男の子は、この時期が1番エネルギー必要量が高くなっています。

女の子は、12~14歳が1番エネルギー必要量が高くなっています。女の子は、12~14歳
が成長期、男の子の成長期は15~17歳ということでしょうか?

個人差もありますので一概には言えませんが、大切な成長期、栄養不足にならないように
気をつける必要がありますよね。

参照体位、日本人の平均的な体位、参照身長と体重の年齢別の表もありますので、子供の
身長と体重を比較することができます。

農林水産省の健康な毎日を過ごすために~食生活Q&A~では、食事の量より子供の成長
に必要な栄養バランスがとれているか食事の内容の重要性を訴えています。

正しい食習慣、食事は、小さい頃からの積み重ね、いろいろな食品を使った料理、子供の
ダイエットについて注意書きもあります。

子供の免疫力を高めるためには、栄養バランスのとれた食事、食事の内容は、いろいろな
食品を使ってみること。食べたことがなく食べず嫌いということもありますよ。

子供の年齢に合った必要なエネルギー、栄養カロリーを考えた食事を親としては考える必
要がありますね。

免疫力を高めるため子供の食事に必要な栄養素

良質のたんぱく質、脂質、炭水化物、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど

脂溶性ビタミンは、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、脂溶性ビタミンは、食事から。
サプリなどの過剰摂取には、気をつけてくださいね。

水溶性ビタミンは、ビタミンB1、B2、ビタミンB6、ビタミンB12 、ナイアシン、葉酸、
パントテン酸、ビオチン、ビタミンC。

厚生労働省の基準を策定した栄養素と設定した指表でのミネラルは、多少と微量に分かれ
ています。

多量なミネラルは、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン。
微量は、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン。

聞き慣れないミネラルもありますよね。ミネラルは、子供の成長、脳の発達、丈夫な骨や
歯を作ります。ミネラルの鉄不足では、貧血になる子もいます。

良質のたんぱく質は、子供の筋肉、健康な髪や爪、炭水化物の糖質、脂質は、子供のエネ
ルギー、脂質は、健康な細胞膜を。

子供の免疫力を高めるためには、ビタミンも必要不可欠、どのビタミンも毎日の食事から
バランスよくとることが大切です。

子供の免疫力を高める食事の工夫

子供の免疫力を高める食事の工夫、子供にとって栄養バランスのよい食事って?!

栄養バランス、栄養バランス、よく聞く言葉、子供も健康を考えて毎日、食事を作ってい
ますが、この栄養バランスで悩みます。

風邪をひくと偏食、栄養のバランスが悪かったのかしらと悩みますよね。
免疫細胞の70%が存在する腸内環境、子供の腸内環境は、大丈夫ですか?

便秘や下痢をさせないこと、ヨーグルトなどの乳酸菌で便秘を改善することができます。
ただし下痢をしやすい子には、お腹がさらに緩くなることもありますので注意が必要。

牛乳もカルシウムが豊富なことから子供の無理強いしてしまいがちですが、牛乳のカゼイ
ンがアレルゲン、アレルギーの子供には、牛乳、ヨーグルト、乳製品には注意が必要です。

アナフィラキシーショックで命を落とすこともあります。卵、牛乳、乳製品、小麦、そば、
ナッツ類、エビやカニ、果物、例えばキーウイフルーツ、マンゴー、アボカドなど。

アレルギーを治すために体内にアレルゲン免疫療法、抗体をと治療を行っている人もいま
すがアナフィラキシー、子供には、十分気をつけてくださいね。

野菜嫌いな子供が多いですよね。野菜をすりおろすことで野菜の形がなくなります。スー
プやソース、ドレッシングで嫌いな野菜を食事にとりいれる工夫も。

香辛料を使ったカレーやスパゲティー、マー坊豆腐、子供の好きなハンバーグのソースに
嫌いな野菜をすっていれると気づかずに食べてくれることもありますよ。

グリーンスムージーや野菜ジュースにも好きな果物やハチミツを入れてみる工夫、シャー
ベットやムースにする工夫で美味しいと言って喜んでくれることもありますよ。

免疫力を高めるためにはビタミンCの多い果物も入れてくださいね。カレーのルー、スパ
ゲティー、ハンバーグのソースには、いろいろな野菜が入れられそうですよ。

子供は、風邪、病気知らずの元気、健康が一番、いつか嫌いな野菜も好きになっている
とよいですね。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ