免疫力を高める効果的な呼吸法は、1日2~3回?!

普段意識もしていない呼吸法で免疫力がアップ?!

毎日、自然に、意識もせずにしている呼吸、呼吸法次第でカンタンに免疫力がアップ

免疫力を高めるために、ある呼吸法を実践すると効果的だということを知りました。
知ったのは、TV番組、たけしの健康エンターティメント!みんなの家庭の医学です。

それ以前から、腹式呼吸、ヨガの呼吸法で自律神経を整えることができる。免疫力が高く
なると聞いて1日に何度か実践していました。

そして2016年2月の放送を見てからは、このある呼吸法を実践、おかげで風邪もインフ
ルエンザにもなりませんでしたよ。

呼吸法以外にもバランスのよい食事、十分な睡眠、適度な運動、ストレスをためない、体
を冷やさないなどを実践する必要がありますが、呼吸法も大きな効果が期待できそうです。

ある方法、免疫力を高める呼吸法

たけしの健康エンターティメント!みんなの家庭の医学で紹介されたある方法、呼吸法と
は、20分間の腹式呼吸法

おへその下あたりにある丹田に意識を集中しての腹式呼吸、発声練習をする時、ヨガなど
でも使われている呼吸法。

番組の中では、信州大学医学部、大橋俊夫名誉教授(本も執筆しています)の説明があり
NK(ナチュラルキラー)細胞の数値検査をした人3人が、ある方法を実践。

NK細胞がある方法、腹式呼吸をすることで、本当に数値がアップ、果たして免疫力が高
くなるかどうかの実験でした。

昼食の2時間後に仰向けになって腹式呼吸を20分間、食後の2~3時間後がちょうど、お
腹、腸にあるリンパ管、乳び槽(にゅうびそう)のリンパ液を流す効果的な時間。

腹式呼吸をすることで、お腹、腸からリンパ液が流れ出すことでNK細胞が活性化、NK細
胞が活性化すると、免疫力アップ、いち早く風邪や病原菌を退治できそうですよね。

実験結果後、3人のNK細胞数値は確かに高くなっていました。昼食の2時間後が難しい
時には、夕食の2時間後、睡眠前にベットの上で実践するのもよいですよね。

1回が20秒くらい、1分間に2~3回の腹式呼吸。腹式呼吸は、おへその下にある丹田の
ツボに意識を集中、ゆっくり鼻から息を吸い、口からゆっくり息を吐き出します。

息を吸う時は、お腹が膨らんで、息を吐き出す時には、お腹が引っこむのを感じますよね。
吐き出す時には、吸い込む時より、もっとゆっくりと息を出し切ってくださいね。

NK細胞数値検査は、採血による免疫検査、NK細胞の活性化数値、がんやウイルスに対す
る免疫機能を血液のリンパ球から調べる検査です。

免疫力を高める腹式呼吸法

腹式呼吸では、美味しい酸素を体内に吸い込み、体内の必要にない二酸化炭素を排出

自律神経が乱れている時、気分がすぐれない時も腹式呼吸をすると気持ちが落ち着くこと
がありますよね。

朝、目が覚めた時にも、すぐに起き上がるのを止めて、体を大きく伸ばして腹式呼吸をす
ると気持ちがよいですよ。

今日したいことを瞑想、想像しながら腹式呼吸、ヨガレッスンの最後にも腹式呼吸、瞑想
をしますよね。

ウォーキングや散歩の時もストレッチと腹式呼吸、丹田のツボを意識する発声練習、大き
な声で歌を歌う、笑うことも免疫力を高めるには、効果的ですよね。

正しい丹田呼吸、腹式呼吸法は、浅く椅子に腰かけて背筋を伸ばしてと言う人もいます。
自分の好きな姿勢で1日1回~2回は、呼吸に意識、腹式呼吸を実践してみませんか。

免疫力を高める自分合った姿勢での呼吸法

朝晩、ベットの上で、食事の2時間後に仰向けで腹式呼吸、椅子に浅く腰かけて腹式呼吸、
ウォーキングや散歩をしながら、本格的にヨガポーズをとりながらの腹式呼吸

自分の好きな姿勢でいろいろな呼吸法を試してみることができます。
どの姿勢でする腹式呼吸が一番自分に合っているかは、自分で決めることですよね。

瞑想をしながら、想像しながらのイメージ呼吸法もあります。
また、ヨガポーズをとりながらの腹式呼吸法もあります。

ヨガは、呼吸法とともに血液やリンパ液の流れを改善、代謝を高めてくれる働きも。
姿勢の悪さ、歪み、肩、首、腰のコリや痛みの緩和も期待できます。

ヨガのポーズは、難しいと思いがちですがカンタンなポーズもありますよ。
背筋を伸ばしてまっすぐ、頭が上に引っ張れているようなポーズ。

あぐらをかくようなポーズ、瞑想などでよくみかけるポーズですよね。
四つん這いになってする猫のポーズ、仰向けで腰をそる、腰が気持ちよい魚のポーズなど。

睡眠前のヨガでは、免疫力、体温もアップ、心地よい睡眠、ダイエット効果も期待ができ
そうですよ。

「ヨガのポーズ簡単」で検索するとカンタンなヨガポーズの写真、動画を見つけることが
できますよ。これなら、お家でポーズと呼吸法マネすることもできますよね。

自宅でヨガ、ヨガスタジオでヨガポーズをとりながら腹式呼吸、食事2時間後20分の腹
式呼吸など自分に合った腹式呼吸、呼吸法で免疫力を高めてくださいね。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ