免疫力を高める酵素をよく知って上手に活用

免疫力を高める酵素をよく知ることから始めましょう!

よく耳にする酵素で免疫力をアップ、生活の中で一番身近な酵素は、果物や野菜の酵素、
食物酵素

免疫力を高めるためには酵素を上手に活用する方法もあります。酵素ジュース、果物の酵
素などいろいろな形で酵素(英語でenzyme)やエンザイムの言葉を耳にしますよね。

よく耳にする酵素は、果物や野菜の酵素、食物酵素でしょうか?果物や野菜を生のままで
食べることで酵素を体内に摂りいれることができます。

人間はすでに体内酵素(消化酵素、代謝酵素)消化や代謝機能を助ける酵素を体内に持っ
ていますが体内酵素は、年齢と共に減少、生産力が弱くなります。

NPO法人、日本酵素栄養学協会によると体内には13,000種以上の異なる酵素があり、そ
れぞれの役割分担があるそうです。

例えば体内酵素のアミラーゼは炭水化物を分解、ペプシン、トリプシンはタンパク質を分
解、リパーゼは脂肪を分解するなどの役割分担です。

種類は多いのに体内酵素の量は一定、暴飲暴食、動物性食品の摂り過ぎから消化酵素が使
われすぎると代謝酵素が不足、代謝機能が正常に働かなくなります。

代謝機能が正常で働いていないのですから、体内には老廃物が蓄積、免疫細胞の多くが存
在する腸内環境も最悪状態、免疫力も低下します。

2つの体内酵素量を十分に維持するためには、消化酵素や代謝酵素を使い過ぎないこと、
食物酵素を上手に摂取することの2つが重要です。

免疫力を高めるためには消化酵素を上手に使う

免疫力を高め、代謝機能を正常に保つためには、消化酵素を上手に使う

免疫力を高めるためには体内酵素を不足させないこと、消化酵素を使いすぎないこと。
大きく分類すると消化酵素の分解は3つ、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂肪。

役に立つ薬の情報~専門薬学~一般向けの薬の情報から薬学の専門分野の情報解説サイト
によると消化管内のさまざまな分泌液には、それぞれの消化酵素が含まれている。

消化管とは、口からのど、食道、胃、小腸、大腸、肛門までの一連の管ですが、大腸の腸
液には消化酵素は含まれていないそうです。

小腸は、膵臓(すいそう)からの膵液、肝臓からの胆汁に含まれる消化酵素によって栄
養素の吸収が助けられ、この吸収が体に必要なエネルギーを作り出しているのです。

唾液に含まれる消化酵素は:アミラーゼ、プチアリン、ムチンなど
胃液には:ペプシン、ガストリチン、リパーゼ

膵液には:トリプシン、カルボキシターゼ、膵リパーゼ、アミラーゼなど
それぞれの消化酵素が体内で栄養素の吸収、消化を助けているのです。

大高酵素の酵素オンライン、3種類の酵素によると消化の悪いものや食べ過ぎによって消
化酵素が消費、使い過ぎると代謝酵素が減少、腸内環境が悪くなります。

また年齢とともに体内酵素は減少、生産力が弱くなることがありますので毎日の食事から
食物酵素を補給することが大切です。

免疫力を高めるため、体内酵素を強化するための食物酵素

食物酵素を上手に摂りいれ消化酵素、代謝酵素を強化、免疫力を高め健康を維持

生で食べる野菜や果物には自然の恵み、食物酵素が豊富です。過熱をすることで食物酵素
は失われますので食物酵素を摂りたい時には生で食べてくださいね。

または、野菜や果物の酵素ジュースから酵素を摂る方法もあります。好きな果物を小さく
切ってお砂糖(はちみつ)をラザニアのように果物、そしてお砂糖と重ねて作る方法。

市販の酵素ジュースから食物酵素を摂る方法、自分の好きな果物や野菜で酵素ジュース
やグリーンスムージなどを作って食物酵素を摂る方法。

果物や生野菜の酵素、エンザイム入りのサプリから補う方法もあります。サプリ、新鮮な
生野菜、果物は、できることならオーガニックをおススメします。

野菜や果物は、切る、すりおろすことで食物酵素が細胞質からあふれ出します。酵素ジュ
ースにブドウやブルーベリーなどベリー類を入れる時にも忘れずに切ってくださいね。

すりおろすことでたくさんの食物酵素を摂りいれることができ、吸収も速くなります。
風邪や病気の時にすりおろしたリンゴを食べるのは、理にかなっているのですね。

リンゴや大根などすりおろしてから時間が経ってしまうとせっかくの食物酵素が減少、酸
化も進みますので要注意です。

生きるため、健康維持には必要不可欠な代謝酵素

健康で元気という人は、代謝酵素が正常に働いている人、免疫力の高い人

消化酵素、代謝酵素どちらも生きるため、健康を維持するためには必要不可欠です。
代謝酵素が使われすぎると消化酵素の働きが弱くなります。

消化酵素、代謝酵素どちらも同じくらいの量が必要です。代謝酵素は、新陳代謝、老廃物
の排出、血液、リンパ液、体液の循環や調整、脳の働きにも影響をあたえています。

食物酵素を上手に摂ることで体内酵素を補いましょうね。食生活の見直し、睡眠や運動不
足の改善、ストレスをためないことも免疫力を高めるには必要ですよ。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ