子どもの免疫力を高めるための工夫と知恵

子どもの免疫力を高める工夫と知恵のある生活

子どもの栄養バランス、生活環境、体調不良にいち早く気づくのは親の責任

子どもの免疫力を高めるカンタンな方法がないかしらと思いますよね。子どもの食事、睡
眠時間、運動、生活環境など気遣ってはいても子どもは、すぐに熱を出しますよね。

偏食、栄養バランスの乱れ、運動不足など、子どもにも子どもなりのストレスが多い社会
環境、学校や人間関係など親には想像がつかないこともあります。

いじめの問題などをTVで見る日が多く他人ごとではありませんよね。子どもの心の闇、
ストレス、変化などに、すぐに気づいてあげたいですよね。

最近そういえば一人、家で遊んでいる、風邪をひきやすいなどは、すぐに気づきそうです
が子どもの便秘などに関しては気づかない時があります。

免疫細胞の多い腸内環境を整えてあげること、便秘をさせない健康管理は親の責任です。
ヨーグルトなどの乳酸菌、食物繊維、野菜嫌いな子どもも多いですよね。

年齢とともに食事の管理ができないこともありますが便秘してない?大丈夫と聞くこと
はできそうですよ。

子どもの免疫力低下の原因

子どもの免疫力を高めるためには、子どもの免疫力低下の原因を見つけること

子どもの免疫力を高めるためには、まず子どもの免疫力低下の原因を知ることが大切です。
原因が分かると生活の知恵、工夫から解決策を見つけることができます。

子どもの免疫力低下の原因が考えられるのは:偏食、便秘、睡眠・運動不足、ストレス、
アレルギー、体質の変化など

例えば体質とは、引っ越しなどで環境が変わり、環境の変化からアレルギーや喘息を発症
することや体質が変わることもあります。

アレルギー、花粉症、アトピー、喘息などは免疫力の低下や異常が原因とも言われていま
す。環境が変わることで逆にアレルギーなどが緩和、完治することもあります。

子どもの平均体温は、大人より高いことが多いのですが中には、スナック菓子やインスタ
ントなどの添加物、好みの飲み物によっては体温が低い子どももいます。

また汗をかいても着替えない、お風呂が嫌いでカラスの行水?!体温が1℃上がることで
免疫力が高くなるのですが子どもは、免疫力に関心がありません。

外から帰ってきたら、親が言うのでうがいと手洗いをしているようですが、親がいない時
にはしない子ども多そうです。

風邪やインフルエンザ、ウイルスが飛沫感染、鼻やのどの粘膜から侵入してくることを説
明するとうがいや手洗いの大切さが少しは理解できそうですよ。

子どもの免疫力を高める食事、栄養バランス

子どもの腸内環境を整え便秘を防ぐ、お腹にやさしい食事と栄養バランス

子どもには、栄養バランスのよい食事、五大栄養素のたんぱく質、脂質、炭水化物(糖
質)、ミネラル、ビタミンが必要です。

どれか一つでも不足すると子どもの健康な体・脳の成長、発達に悪影響をあたえます。
免疫力の低下、エネルギー不足の子どもになってしまいます。

農林水産省のホームページ、「知っておくと便利です。食品に含まれる成分」には、それ
ぞれの栄養素の主な働きと食品が分かりやすく説明されていますよ。

ビタミンには、ビタミンA 、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンDなど、ミネラルには、
子どもの成長には欠かせないカルシウム、鉄、亜鉛などが必要です。

運動量が多い子供には、特に水分補給も大切です。野菜嫌いな子供も多いですよね。食物
繊維も必要ですのでフルーツに、そっと嫌いな野菜を入れてフルーツジュース。

すった野菜をハンバーグなどのタレやカレーのルーへ、サラダのドレッシングにすると
気づかずに食べてくれる子どももいますよ。

おやつには、ヨーグルトなどの乳酸菌、ヤクルト、バナナやリンゴなどビタミン豊富で医
者知らずと言われている果物も忘れないでくださいね。

子どもの免疫力を高める日常生活

子どもの免疫力を高めるため、成長のためにも質の高い睡眠、運動、入浴、会話

子どもの成長、免疫力を高めるためには睡眠時間は大切です。携帯電話やコンピューター、
ゲーム、SNSなど携帯、スマホから離れらない子どもが増えています。

子どもと一緒に睡眠時間を決めて、せめて睡眠時間には、携帯、スマホから子どもを遠ざ
けることも必要です。睡眠は、体、脳、目、体内の臓器を再生、休ませる時間です。

毎日、子どもと会話をしていますか?子どもの話に耳を傾ける時間、子どものストレスを
軽減、解消する方法を見つけることも必要です。

子どもだった頃の経験や知恵からアドバイスをすることもできそうですよね。
なかなか自分のことを話そうとしない子どもとは一緒に運動や散歩をする方法も。

ストレスから免疫力が低下していることもありますよ。大人も子どもも笑うことで免疫力
がアップしますので一緒に笑えるような生活の工夫をしてみてくださいね。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ