免疫力を高める健康食品の安全性と有効性は大丈夫?!

健康食品が本当に免疫力を高める?自分にとっての有効性が大切

厚生労働省HPの健康食品には、健康食品の利用には国民がそれぞれの食生活の状況に応
じた適切な選択が必要との注意書きがあります。適切な選択とはなんでしょう?

免疫力を高めるためには自分に必要な栄養を健康食品で補助、栄養バランスを整える方法
もありますが、適切な選択をしなくちゃいけないのですよね。

厚生労働省で注意しているのは、それぞれの健康状態、食生活の状況の違いから必要な栄
養と健康食品に合わせた適切な選択をすること。

健康食品と言うだけでカンタンに飛びつくのは危険です。自分に合った適切な選択を考え
てみましょうね。

特に現在、持病や服用中の薬などがある場合にはかかりつけのドクターや医療機関に健康
食品について相談してくださいね。

厚生労働省の保健機能食品制度では、大きく分けると健康食品と医薬品(医薬部外品)。
健康食品の内訳は、いわゆる健康食品と保健機能食品に分けられています。

また保健機能食品も3種類に分類されています。
機能性表示食品(届出制)、栄養機能食品(自己認証制)、特定保健用食品(個別許可制)

保健機能食品制度は、国が定めた安全性と有効性の基準等を満たした制度。
ホームぺージには健康食品の安全性の確保に関する資料、消費者相談室もありますよ。

いわゆる健康食品と保健機能食品(健康食品)との違いって?

消費者庁によると一般食品(厚生労働省では、いわゆる健康食品)は、機能性の表示がで
きない食品、機能性の表示ができるのが保健機能食品

一般食品には、栄養補助食品、健康補助食品、栄養調整食品も含まれます。
保健機能食品の特定保健用食品は、トクホとも呼ばれ、よく耳にする言葉ですよね。

3種類の違いは、トクホは、表示されている有効性(効果)や安全性は国が審査、消費者
庁が許可をだしています。

栄養機能食品は、1日に必要な栄養成分、ビタミンやミネラルなどを補助的に摂取するこ
とができる食品、科学的根拠から栄養成分が認められた食品、機能性が表示できます。

機能性表示食品については、科学的根拠から機能性を事業者の責任で表示、安全性や機能
性については消費者庁に届け出済みですがトクホのように個別の許可はありません。

健康食品は、医薬品ではありませんので、あくまでも栄養バランス、健康を保つための補
助食品として疲労回復、免疫力を高めることに期待したいですよね。

免疫力を高めるトクホの健康食品、トクホ(疾病リスク低減表示)

トクホの健康食品には、消費者庁の許可マークがついています。特定保健用食品と条件付
き特定保健用食品(疾病リスク低減表示・規格基準型を含む)

トクホとして許可マークがついている健康食品には、特定保健用食品、特定保健用食品
(疾病リスク低減表示)、特定保健用食品(基準型)があります。

疾病リスク低減表示を許可しているものは、カルシウムと葉酸(プテロイルモノグルタミ
ン酸)。

カルシウム : 1日摂取目安量300mg~700mg 、特に若い女性の骨の健康を維持、将来
的な骨粗しょう症のリスク低減の可能性。

葉酸(プテロイルモノグルタミン酸): 1日の摂取目安量400?(マイクログラム)~
1000?、女性にとって二分脊椎など神経管閉鎖障害の子どものリスク低減の可能性。

免疫力を高めるためにはどちらも必要な栄養、カルシウム、葉酸(ビタミン)ですよね。
食事から十分に摂取できている場合には、健康食品の過剰摂取はしないでくださいね。

免疫力を高める健康食品、トクホ(規格基準型)

規格基準型に許可されているのは、3区分、1(食物繊維)、2(オリゴ糖)、3(食物繊
維)

食物繊維、オリゴ糖などは、免疫細胞が70%存在する腸内環境を整えるためにには必要不
可欠ですよね。

消費者庁の特定保健食品(トクホ)には、区分別に関与成分、1日の目安量、表示できる
保険の用途、摂取上の注意事項が書かれています。

1(食物繊維)の関与成分として許可されているのは:難消化性デキストリン、ポリデキ
ストロース、グアーガム分解物。関与成分がおなかの調子を整える。

2(オリゴ糖):大豆オリゴ糖、フクラトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、
キシロオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖。

関与成分がビフィズス菌を増やし腸内環境を整えることでおなかの調子を整える。
3(食物繊維)難消化性デキストリン、なんだか難しい名前の関与成分ですね。

難消化性デキストリンは、食物繊維の1種、糖の吸収をおだやかにする働きがあります。
糖尿病などの持病で薬を服用している人は注意が必要です。

免疫力を高めるための健康食品がトクホだと安心ですよね。ただしあくまでも健康食品は
足りない栄養バランスの補助食品、自分に合った安全性と有効性を忘れないでくださいね。

摂取をする上での注意事項は、消費者庁の特定保健食品(トクホ)で確認してくださいね。
免疫力を高めるためには食生活の見直し、適度な運動も必要ですよ。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ