費用はどれくらい?扁桃摘出手術は高いって本当?

■扁桃摘出手術の費用は10万円から

扁桃腺の腫れを繰り返すようになると、手術で治療をするケースも出てきます。そうなると、心配なのは費用ですよね?

・体験談をみてみると費用は10万円~20万円
・数日間の入院が必要なのでその分費用が高くなる

 

扁桃線が腫れやすい体質の人は一度扁桃腺炎になると、
定期的に症状が出て、苦しい思いをしてしまいます。

私の職場にも、扁桃腺が腫れやすい人がいて、毎月のように
「喉が痛い」「ご飯が食べずらい」と話していました。

月に1回のペースで熱を出して、マスクをして出社している姿が
とても辛そうで、周囲の同僚と心配することがよくあったのです。

あまりにも長い期間、扁桃腺の腫れを繰り返すので、手術で治す
ことを決め、数日間会社を休みました。

お見舞いに行ったときに聞いたのですが、手術の費用は10万円
するそうです。

「1週間くらいの入院が必要だから、これくらいの費用はしょうが
ない」と話していました。

他の人の体験談も調べてみたのですが、だいたい扁桃摘出手術
の費用は10万円~20万円。

そして、手術前には検査があり、それにもある程度の費用が
かかるそうです。

全体の流れとしては、「手術前検査→手術→入院」となっています。

入院の日数は1週間~2週間くらいが多いようで、早い人だと
5日で退院できるそうです。

手術後の症状によって退院までの日数がかわりますので、
扁桃腺がかなり大きく腫れている人は長くかかります。

自分の体質を改善するために必要な手術とはいえ、
最大で20万円もかかってしまうと負担が大きいですよね?

では、扁桃摘出手術をもっと安く済ませる方法はないか、
調べてみました。

■扁桃摘出手術をできるだけ安く行うには?

扁桃摘出手術をできるだけ安く済ませるには、手術前の検査を入院前に受けるようにしましょう。

・入院前に外来で検査を受ければ費用の節約になる
・入院日数も短くなるので仕事などへの影響も減る

 

扁桃摘出手術を受ける場合、手術の前に4つの検査をします。

・心電図
・レントゲン
・採血
・検尿

これらの検査をして、扁桃腺の異常の原因をはっきりさせ手術が
本当に必要かどうかを確認するのです。

この検査は入院をしてから行うか、入院前に外来で行うか選ぶ
ことができます。

4つの検査をすべて行っても、かかる時間は30分くらいです。
これなら外来で受けた方が早いですし、費用も節約になりますよ!

また、入院の日数も減って仕事や家庭などへの影響も減ります。

そして、扁桃摘出手術のために入院となると気になるのが、
保険が効くのかどうか。

他の病気の手術は保険が効きますが、扁桃摘出手術も、
保険対象になっているのでしょうか?

■扁桃摘出手術は保険対象外!

手術と入院となると、費用がかさんでしまいますが、扁桃摘出手術は保険対象外となっています。しかし、入院費は対象です!

・入院給付金の対象となるので費用は一部負担してもらえる
・保険会社によって負担額は違うので事前に確認を!手術

 

通常、病気の手術をすると、「手術給付金」が適用されます。
しかし、扁桃摘出手術は「手術給付金」の適用がされません。

ですが、扁桃摘出手術のための入院には、「入院給付金」が支給
されますよ!

これは、病気や災害で入院をした場合に保証される給付金で、
手続きをすることで受け取れます。

「入院給付金」の対象は、治療を目的としている入院。
検査入院などは含まれません。

そして、「入院給付金」の金額には、「何日以上入院しないといけ
ない」という条件があります。

保険会社によって違いますが、もし万が一「8日以上の入院から」
となっていて、1週間で退院すると受け取れない可能性も。

扁桃摘出手術の場合、早い人では5日で退院していて、
10日以内の退院というケースが多いようです。

ですので扁桃摘出手術の費用は、自分で全額負担する可能性が
たかいといえます。

事前に入っている保険の「入院給付金」の条件を確認しておいて
ください。

また、入院に個室を使うかどうかでも支給額に差が出てしまい
ます。細かいところまで、確認をしておきましょう。

■扁桃摘出手術は本当に高い?

10万円~20万円もする扁桃摘出手術は、「高いなぁ」と感じてしまいますが、実はそこまで高額ではないのです。

・毎月風邪を引いて病院へ行くと年間で2万円以上かかる
・5年扁桃腺炎を繰り返すと10万円以上になる

 

毎月のように扁桃腺炎で熱を出したり、喉の痛みを感じて病院へ
行っていると、1回につき費用は1,700円前後かかります。

扁桃腺炎の症状が軽いから、費用が安くなるということはありま
せん。

微熱でも高熱でも、同じ費用かかってしまいます。

これを年間にすると、2万円以上もかかってしまうので、
5年間繰り返すと10万円以上になります。

扁桃摘出手術も1回で10万円以上ですので、長い目で見れば
高額ではありません。

しかし、10万円以上の費用を支払っても、100%治るという保証
はなく、手術後の後遺症に悩んでいる人も多くいます。

後遺症の例としては、味覚障害、声が変わる、飲み物が鼻に
上がってきてしまう・・・。

こうした症状で手術後に悩むことになる可能性があるので、
手術を受ける以外の方法も考えてみてください。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ