風邪をひきやすい発達障害の人は、どうやって対処すればいい?

■発達障害の子どもが風邪をひきやすい理由とは?

発達障害の子どもが風邪をひきやすい理由とは、どのようなものなのでしょうか?ここでは、発達障害と風邪の関係性について説明します。

・発達障害の子どもは偏食であることが多い
・過保護に育てられる傾向があるので偏食は悪化しやすい

 

発達障害の子どもが風邪をひきやすい理由は、発達障害ならではの
食生活にあります。

私の友人の子どもが発達障害なのですが、その子は肉が大好きで魚が
嫌いなようです。食卓に魚を出しても、手をつけようともしません。

しかし、肉を出すとおかわりをねだって来ます。おかわりを拒否すると
泣きだしたり、大声を出したりしておかわりが来るまで騒ぎ続けます。

また、甘いものが大好きなのでお菓子ばかりを食べてしまい、
取り上げると号泣したり、殴ってきたりします。

仕方がないので、お菓子を本人が満足するまで与えると、お菓子だけで
お腹がいっぱいになってしまい、ご飯を食べないという日も多いそうです。

今はまだ幼稚園児なので、これからいくらでも食生活の修正が効きます。
ですが、小学校へ入学してから食生活を変えるのは難しいでしょう。

偏食は栄養バランスを乱し、免疫力を低下させて風邪をひきやすくします。

風邪をひいても栄養バランスのとれた食事をしないので、なかなか治り
にくく、発熱もよくする体質になるのです。

発達障害について調べてみると、言うことをなかなか聞いてくれない
ことが原因で多くの親が過保護になっています。

もともと偏食な上に過保護なので、偏食がどんどん悪化していき、
免疫力は下がっていく一方となります。

では、どうやって偏食を治していけばいいのでしょうか?

■発達障害の偏食を改善する方法とは?

発達障害の子どもは、なかなかバランスのとれた食事をとりたがりません。子供はみんなそうですが、特に頑固に好き嫌いを言います。

・嫌いな食材をみじん切りにするなど工夫をする
・食事が終わった後で嫌いな食材が入っていたことを教える
・食べられたことを思いっきりほめてあげる

 

発達障害の偏食を改善する方法について調べてみると、普通の子と
同じ方法が効果的なようです。

その子が苦手な食材を微塵びりにしたり、すりつぶしたりして形をなくす
ことで分からないようにします。

そして、食事を終えてから、「実はさっきの料理に○○が入っていた
んだよ」と優しく教えてあげましょう。

そして、食べられたことを思いっきりほめてあげてください!

ほめる時に、お菓子やおもちゃを上げる親がいますが、これはよくあり
ません。

効果的なことは褒めること。親に認められ、ほめられることは普通の子
でも発達障害の子でも嬉しいものなのです。

このような方法で、嫌いな食べ物を一つづつ食べられるようにしていき
ましょう。

そして、嫌いな食べ物を何個食べられるようになったかを数えて、
ほめる機会を多く作りましょう!

■食事改善以外で出来る発達障害の子を強くする方法

食事を改善することは、その子の身体づくりに置いて、とても需要なことです。しかし、それだけでは強い身体は手に入りません!

・早寝早起きを心がけて規則正しい生活リズムを身につけさせる
・日常的な夜更かしは脳内のブドウ糖や酸素欠乏を招く

 

発達障害のこの身体を強くしてあげることで、風邪をひきにくい周囲の
子に負けない元気な子供にすることが出来ます。

身体を強くするには、どうすればいいのでしょうか?
その方法について調べました。

○早寝早起きを身につけさせる

・規則正しい生活のリズムを作ることで免疫力が上がる
・日常的な睡眠不足は脳のブドウ糖や酸素を欠乏させる
・知的能力の発達を遅くするのでよくない

○運動する機会をたくさん作ってあげる

・障害のある子は心身の調整が取りにくい
・自発的な身体活動をすることが少ない
・運動不足になりがちなので運動させることが必要
・散歩をすると体力と同じ速度で歩く協調性が出来る
・同じ速度で歩くことで絆も深まる

○執着するものは取り上げる

・発達障害のある子は文字、マーク、車、ゲームなどに執着する
・執着心が強すぎて周囲の人とかかわりを隠してしまう
・人に興味を持たせるために執着の対象物は取り上げる

発達障害の症状は、家族の頑張りと本人の頑張り次第で大きく改善
します。

大人になった時に、日常生活に支障がないくらいになる人も大勢
いるのです。

今からコツコツ努力をして、少しでも症状を和らげてあげましょう!

■脳摂れをして発達障害の症状を改善しよう

発達障害の子どもが表情や感情表現、言葉が乏しいのは、脳の働きに
よるものと考えられています。

発達障害の原因について調べてみると、諸説ありまだはっきりして
いない部分も多いのです。

しかし、中枢神経系の働きに不全があるからという見方が有力です。

顔の表情は・・・

1.中枢神経系の部位である小脳が刺激される
2.脳幹に伝わり、脳幹から小脳に指令が行く
3.小脳は脊髄の力を借りて微細な運動として表情を作る

こうした工程を経て表情は生まれるのです。
つまり脳を鍛えれば、表情や感情表現は豊かになるのです。

脳を鍛えるような遊びを、たくさんするようにしてください。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ