クラシック音楽で自律神経を簡単に整えられるの?

■大好きなクラシックで自律神経を整える

日常生活で密接にクラシックを聴いているクラシックファンとクラシックにあまり縁がないけどクラシックを聴くと懐かしいと感じる人たちも

 

自立神経を整えるためにクラシックが良いと言われ始める前から、クラシック音楽は、
胎教に良く、お腹の赤ちゃんがスクスク、情緒ある子に育つと言われていました。

お腹の中で赤ちゃんが暴れだしても静かで優しいクラシックを聴くと静かになるそう。
クラシックに縁がない人も懐かしく思うのは、お腹の中にいる頃、聴いていたせい?!

クラシックを聴くことで情緒ある子に育つのは、母親のリラックス状態とお腹の中の環
境の良い状態が脳の発達に相乗効果をもたらしています。

クラシックの中でも「1/fゆらぎ=エフぶんのいちゆらぎ」という現象のある曲が脳波を
α波にリラックス状態へ導く。(IKULOVE胎教アドバイザー釜谷鈴先生)

■脳波のα波状態が、自律神経を整える

クラシックの中でも自律神経を整えるためには「1/fゆらぎ」

 

「1/fゆらぎ」とは、規則正しい心拍数のリズム、クラシックでも特にモーツァルトの
曲には「1/fゆらぎ」心拍数のリズム効果が高く脳波がα波になる曲が多いそう。

自然の環境音にも「ゆらぎ」効果は、あります。
例えば、シトシトと雨が降っている日は、何故かリラックスムードで眠たいですよね。

海の近くのホテル、オーシャンビューから聴こえる静かな波の音、癒されますよね。
想像しただけでも、心地よいリズムです。

人によっては、クラシックが嫌いリラックスできないと言う人もいますので一概には
言えませんが、心地よい音楽を聴いている時には、脳からα波がでています。

α波によってリラックス、副交感神経が働き始めます。
ピーンと張り詰めていた交感神経もやっとお休み状態、自律神経のバランス調整。

クラシックを聴くことで自律神経の様々な症状が緩和される人。
自然治癒力、代謝、免疫力がアップする人もいます。

クラシックを聴くことで痛み、苦しさ、辛さ、不安が軽減することもあります。
一時的にでもストレスから解放される時間です。

ストレスから解放され、少しずつストレスが軽減していくとよいですね。
ストレスの原因をみつけて解消することができるともっとよいのですが。

■自律神経を整える、おススメのクラシック

モーツァルト、ショパン、バッハ、ドビュツシー、チャイコフスキーなど

 

自律神経を整えるためにおススメのクラシックの多くは、モーツァルト、ショパンの
静かな優しい流れるような旋律のピアノ曲には、癒やし効果が期待できます。

ピアノ、パイプオルガン、フルート、ハープ、ヴァイオリンなど心地よいと思えるクラ
シック音楽と楽器、いろいろと試してみるのが良さそうです。

耳では、キャッチできなくても脳がキャッチする心地よい周波数もあります。
この周波数は、高周波数でオルゴール療法でも使用されています。

ヴァイオリンが好きなら、癒やしのモーツァルト~自律神経を整える4000HzのCDや
iTunesの眠れるクラシック偉大な作曲家シリーズby meditoneもおススメです。

眠れるクラシック偉大な作曲家シリーズby meditoneは、 Appを購入してiTuneから簡
単にダウンロードできます。

iTunesプレビューでカスタマ―レビューを見ることもできます。
バッハ、ベートーベン、ショパン、ドヒュッシ―などオルゴールに似た特殊金属音。

日本ペインクリニック学会認定医で医学博士の藤本幸弘先生「藤本先生の聴くだけで
スッキリ!」シリーズでは、痛みや不調の緩和にクラシック音楽が使われています。

2015年に販売された3シリーズの1つは、自律神経のバランスを調整する「藤本先
生の聴くだけで悩みがスッキリ!~憂鬱・倦怠感・不安・喪失感・焦燥」。

クラシックを聴くだけで痛み止めの効果が期待できるCD、悩みがスッキリCD、睡眠
障害が解消されるCDには、ピアノやチェロ、弦楽器、ドーパミンを誘導するそう。

心地よいチャイコフスキーの弦楽4重奏曲第1第2楽章、癒しクラシック音楽、チャ
イコフスキーで眠る名曲集などは、YouTubeで聴くこともできます。

■自律神経を整えるために和楽器でクラシック

自律神経を整えるために、大好きな和楽器、お琴や三味線などの音色でクラシック

 

和楽器の音色が好きな人もいますね。
海外へ行って初めて、和楽器の音色の素晴らしさを知りました。

それ以来、和楽器のとりこ、和楽器の魅力と音色に癒されています。
日本のクラシックな音楽の琴の音、三味線にも様々な種類と音があります。

日本和楽器バンドAUN Jクラシックオーケストラ、癒し・ヒーリング用BGMなど
日本の美しい四季を感じますよ。

自律神経を整えるためには、耳から聴く聴覚も大切ですが、音楽を聴きながら、創造
力、美しくキレイな光景を思い浮かべることでさらにリラックス効果はアップします。

クラシック音楽が好きな人には、美しい写真集などを見ながらクラシックを聴くだけで
心、体、脳がリラックス、自律神経を整えるための相乗効果が期待できそうです。

残念ながらクラシックでは、自律神経が整えられなかった人は、自分に合った、好きな
音楽、心地よい音楽をゆっくり探してみましょうね。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ