自律神経を整える、ちょっとした簡単な工夫!!

■自律神経をすばやく、簡単に整えられたら

自律神経が乱れている人は、どちらかというと簡単と言う言葉が苦手な神経回路の持ち主

 

自律神経を整えるために簡単な方法があったら、誰でもすぐに飛びつきそうですが、
自律神経が乱れている人は、このカンタンを逆に難しく考えてしまいそうです。

自律神経が乱れやすい人は、ちょっとして事で影響を受けやすい人、環境や人間関
係からのストレス、季節や気候によっても影響を受けることがあります。

性格もどちらかというと生真面目で頑張り屋、神経質な面もありそうです。
虚弱体質、ガッチリしているようでも風邪をひきやすく、もろいタイプ。

どういうふうに「もろい」かというとちょっと、病気をすると、それが引き金となっ
てひどくなる、なかなか回復できない人、疲れが取れにくい人など。

一見、しっかりがっちり、体力があるように見えても外見だけということもあります。
人の目を気にしすぎることから、いつも決して人には、スキを見せない武装タイプ。

疲れていても「疲れた!」と正直に弱音を吐けないタイプです。
疲れた!休みたい!と言えないのですから、ますます疲れますよね。

周りに誰か弱音を吐ける友人や家族がいるといいのですが、いない人は、ますます疲れ
はエスカレート、ストレスがたまる一方です。

■自律神経を整えるために簡単なストレス解消

いつでもどこでもストレッチと深呼吸、大きく息を吸い込み、長くゆっくり息を吐き出す(ストレスも吐き出す)

 

こんなに簡単に息を吐き出すだけでストレスを吐き出すことはできませんが、有酸素運
動と同じようにウォーキング、歩きながら呼吸を整えます。

美味しい空気、酸素を体いっぱいに吸い込み、必要のない二酸化炭素を吐き出します。
必要な酸素と不必要な二酸化炭素の交換作業です。

激しい運動、無酸素運動では、乳酸、疲労物質が分泌されますよね。
疲れないにくい体つくりには、有酸素運動、大きく深呼吸をすることが必要です。

そして、疲れた時には、疲れた!と言えるようになること、せめて息を吐き出す時には
疲れた!と声に出してみては、どうでしょう。

時には、お腹に力を入れて腹式呼吸、発声練習、鏡をみながら大きな口をあけて笑う練
習、大きな声で歌を歌うこともストレス解消になりますよ。

■何か好きなこと、趣味をみつけて自律神経を整える

不思議と好きなことをしている時、趣味に没頭していると幸せホルモン・セラトニンが分泌されストレスが簡単に減少

 

何か好きなことをしている時、好きな物を食べている時、リラックスを感じている時
には、知らず知らず、気づかずに幸せホルモン・セラトニンが活発に分泌します。

脳内のセラトニン、血管のセラトニン、消化官のセラトニンが分泌されずにいると不快
な便秘になります。(セロトニンDoji有田秀穂博士インタビュー)

セラトニン研究の第一人者の有田秀穂博士のセロトニンDojiサイトでは、セロトニンが
心に安定、ポジティブな思考回路を作り出す。

どうしたらセロトニンが活性化するかは、ひとそれぞれですが、自律神経を整えるため
に、自分の好きな物、してみたいこと、趣味を見つけることは、簡単そうです。

ただし、真面目すぎて趣味がストレスになる人もいますので、ほどほどに、没頭し過ぎな
い100%の成果を期待しないでくださいね。

たまには、マッサージ、温泉、スパ、バイキング、気持ちがよい、楽しい時間は、工夫
次第で2倍も3倍も楽しくなりますよ。

■自律神経を整えるために簡単な気分転換

ちょっとして工夫で気分転換、生活に潤いと変化

 

自律神経を整えるために、もう一度、今の生活を見直してみませんか?
ストレスの原因、自律神経の乱れの原因に気づいていない人も多いはず。

ただイライラ、頭痛やめまい、息切れ、体の不調、朝も寝起きが悪い、疲れが取れない
など憂鬱な気持ちは変わりませんよね。

睡眠時間を変えてみる。1時間、早く睡眠、1時間、早く起きてみるなど。
朝と夜が逆転している生活の場合は、交感神経をと副交感神経のバランスも逆転。

週末だけ、朝と夜が逆転している場合には、とりあえず、生活のリズムを整えることか
ら始めます。

気分転換に部屋のカーテンやカーペット、じゅうたんを替えてみる。
玄関マットやキッチンマットを替えるだけでも気持ちが変わることもあります。

寝室の明かりは、目に優しい間接照明に替えてみる。
夜の睡眠時間までの1~2時間、思い切ってリラックスする工夫を。

いつも使っているバスタオルやバスローブ、パジャマを替えてみる。
寝る前に適度な運動で体を温める。ストレッチやヨガ、フットマッサージなど。

ちょっとだけ、携帯やコンピューターから離れて、寝る少し前には、ずっと行きたい
と思っている場所や景色のきれいな旅行の本や写真集を見る。

現実逃避のようですが寝る前にきれいな景色を見ると夢も楽しくなることがあります。
何度も同じ景色を見ていると、願いが、夢が現実になることもあるそうですよ。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ