香り、五感の1つ臭覚で自律神経を整える

■香りを嗅ぐことで自律神経が整えられるの?

自律神経を刺激する五感の機能、、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、その中の香りを嗅ぐ、臭覚で得られる効果

 

自律神経を整えるための香り効果とは、五感の1つ、香りを嗅ぐことで、どのくら
いの効果が期待できるのでしょう?自律神経の乱れは改善されるのでしょうか?

香りの効果というと1番に思い描くのは、アロマテラピー、次がハーブを利用した料理
やハーブティー、そして、お香の香りや香水、パフューム、好きなフルーツの香りなど。

雨の日の香り、海の香り、森林浴の香り、普段の生活の中でもみそ汁の香りや卵焼きの
香りなど、鼻が刺激される香りは、たくさんありますよね。

好きな香り、癒される香りもあれば、逆に嫌いな香り、臭いと感じ香りでイライラする
こともありますよね。

しばらく窓を開けずにいると家の中も風通しの悪い、湿気の臭いがしたりしますよね。
風通しの悪い湿気臭い部屋で暮らしていると自律神経の乱れは治りそうにありません。

まず、最初の香りは、住んでいる家、部屋の空気の入れ替えから、風通しの良い環境
作り、シーツやタオルも洗濯の洗い立ての香りが良いですよね。

自律神経を整えるため、好きな香りの中での生活環境は、ちょっとして工夫次第。
ストレスをためこまない、リラックスできる環境には香りのエッセンスも大切です。

■自律神経を整えるための朝の香り

朝起きて、良い香りの中で今日一日の自律神経を整えるファーストステップ

 

お天気の良い日には窓を開けて朝の香り、美味しい空気を吸い込んでみましょう。
香りなんてしないわ!という人もいそうですが。。。なんだか香りがしますよ。

私は、コーヒーが好きなので朝は、必ずコーヒー豆を挽きます。
コーヒー豆を挽く香り、コーヒーを入れる香りで目が覚めます。

紅茶やお茶が好きな人は、好きな紅茶やお茶、ハーブティーで朝の香りを。
お茶を葉をフライパンで炒ると部屋中がお茶の香りになりますよ。

好きな香りは、嗅ぐだけで優しい気持ちに、ちょっとだけ心が楽になります。
香りで鼻がピクピク、心はルンルン、楽しくなることもあります。

卵焼きやハム、ベーコンを焼く香り、甘いフルーツの香り、作り置きの野菜たっぷり
デットクススープの香りで食欲も満たされますよね。

アロマテラピーなら、朝のシャワー前のフロアーにローズマリーの精油、エッセンシ
ャルオイルを2~3滴で目覚め効果を実感、朝シャン時間が楽しくなります。

それでも、すっきりしない日や風邪ぽい、頭痛やイライラの日には、アロマキャンドル
でペパーミントとオレンジのブレンドした香り。

ローズマリー(ラテン語の意味は海のしずく)は、脳細胞や心を元気にする働き、痛み
を和わらげる鎮静効果、ハンガリアンウォーター(若返りの水)にも使われています。

ペパーミントは、呼吸器系の不調、鼻づまりや咳、風邪症状全般に効果があります。
また、イライラ、怒り、興奮した感情を抑える働きもあります。

オレンジは、暗く憂鬱な気持ちをリフレッシュ、オレンジをミックスすることでぺパ―
ミントが優しい香りに変わりますよ。

■疲れた時には自律神経がリラックスできる香りを

ストレスを感じ疲労困憊の時には、副交感神経が優位になるような香りを

 

副交感神経は、通常、夜暗くなってからリラックスムードで働く神経。昼間、働いている
交感神経は、ストレスやイライラを感じます。

交感神経が優位すぎるとストレスがたまりイライラ状態が続きます。
そんな時にこそ香りで自律神経を整える練習をしてみませんか?

チョコレートの香り、チョコレートを食べることで幸せホルモンのセロトニンが分泌、
ただしチョコレートが嫌いな人には効果はなさそう。

ペパーミントには、冷却作用のありますのでイライラ、興奮している時には、ぺパ―ミ
ントの香りを嗅ぐことで気持ちが落ち着きます。

休憩時間にミントティー、ローズヒップティーもおススメです。
ミントティーは、胃腸にも効果がありますので食後、食べ過ぎた時にもよいですね。

ローズヒップティーは、ビタミンC が豊富、肌の再生を活性化する働きがあります。
イライラ、自律神経が乱れると肌の状態も気になりますよね。

ラベンダーは、イライラで早くなった心拍数を正常にする働きがあります。
ラベンダーの香りは、いつでも癒される香りですよね。

精製水に好きな香りの精油を数滴入れブレンド、携帯用スプレーボトルを持ち歩くと、
いつでも簡単にリフレッシュできますよ。

■一日の終わりに香りで自律神経を整える

一日の終わり、副交感神経をゆったり、ゆっくり明日のエネルギーを養う香り

 

一日の終わりにも、やはり好きな香りを胸いっぱいに吸い込みたいですよね。
ラベンダーの香り、ジャスミンの香り、ゼラニウムの香りなど。

精製水と好きな精油でブレンドしたルームスプレー、消臭・芳香剤のファブリーズで
布団、枕、シーツ、カーテン、タオル、ソファーなどが好きな香りにつつまれます。

ファブリーズには、ふんわりおひさまの香り、草原の香り、ムーンライトラベンダー、
プリンセスナイトローズの香りなどもありますよ。

ただし、精油もパフュームなども、あまりに沢山の香りつけをすると気持ちが悪く
なったり頭痛になることもありますので気をつけてくださいね。

夜寝る前には、ホットミルクやカモミールティー、ハチミツ&生姜ティー(はちみ
つとすった生姜、お湯を混ぜるだけ)の香りもおススメです。

どれも体を温める働きがあり、優しい香りと味が眠りを誘ってくれますよ。
疲労回復作用、明日の活力・エネルギーを養ってくれそうです。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ