自律神経を整える痛気持ちよい、つぼマッサージ

■痛気持ちよい、つぼで自律神経を整える

自律神経の乱れは、交感神経と副交感神経のバランスの悪さ、血液やリンパ液の滞りから

 

自律神経を整えるため適切なつぼを気持ちよく刺激、血液やリンパ液の流れを正
常に整えながら、もみほぐすことで神経のバランスを戻していきます。

ストレスを感じる交感神経だけが大きくなり過ぎてリラックスを感じる副交感神
経とのバランスがくずれています。

適切なつぼを刺激することで気持ちが良くなるとイライラ、頭痛や疲労から解放
されそうですよね。

体には、それぞれの臓器や病気の症状に効くと言われている、つぼがあり、むやみ
に、こっているからと押すだけでは効果はありません。

指で押して痛気持ちよい(ちょっと痛いけど気持ちよい)がポイント、適切なつぼ
の位置とちょっとしたコツが関係しているようです。

■自律神経を整えるために効果的な、つぼ刺激時間

自律神経を整えるために効果的な時間は、就寝前、質の高い睡眠を導く副交感神経のリラックスタイム

 

1日の終わりには自律神経だけではなく、体、脳、神経すべてが疲れています。
疲れやコリを痛気持ちよくほぐして、リラックス。

睡眠直前なのに何故か、イライラやストレスがマックスの日もありますよね。
そんな時には、神経が昂っていて、なかなかリラックスできません。

リラックス、リラックス、つぼを刺激することで自律神経を整えることができます。
手くびには、イライラを静め、痛みを鎮める効果がある神門のつぼがあります。

手首の内側に何本かシワがありますか?シワの真ん中より小指側、手前のくぼみ
が神門です。(赤岩治療院、イライラ抑えるツボ)

この神門のつぼを大きく深呼吸をしながら痛気持ちよく押します。
フーと息を吐き出しながらイライラ、ストレスも追い出してくださいね。

就寝前以外でも、イライラ、ストレスを感じた時には、いつでもどこでも簡単に
押すことができます。

同じ手首のシワのある位置に薬指、中指、人差し指3本を置いたみてください。
ちょうど真ん中下、骨と骨の間のつぼ、本来は、乗り物酔い解消のSOSのつぼ。

乗り物酔い防止に市販されているTHE SEA-BANDもちょうど、このポイントを刺激
するようにできています。

乗り物酔い、むかつき、吐き気、めまいに効きめのあるつぼですが、眠れない夜、
このツボを親指で丸く円を描くように押していると何故か心が穏やかに。

■首にある安眠のつぼ

首には、たくさんのリンパ液や血液の流れをよくする大切なつぼが

 

自律神経を整えるために、首にある、つぼの刺激と滞っているリンパ液や血液の
流れを一緒に改善。

耳の後ろ、首にそって下、でっぱりのある骨がありますか?
リンパ液も首の上から下へ心臓に向かって流れています。

でっぱりのある骨から指1本下うなじにぶつかるあたりに安眠のつぼがあります。
(すずらん鍼灸院)

両方の耳の後ろ首にそって押すと痛気持ちよいつぼが。
安眠のつぼが硬く、こっている人は、睡眠不足、よく眠れていない人。

このつぼのコリで自分の睡眠状態が分かるそう、3本の指で痛気持ちよく円
を描くようにを押していると、いつの間にか眠たくなる安眠のつぼです。

耳の後ろ、首の上から下へ、なでるようにマッサージするとリンパ液や血液の
流れもよくなります。

うなじ、首の後ろに温かいタオルや冷たい氷まくらを交互に置いてみるのも効果
的、首の後ろのコリを緩和、つぼやリンパの刺激が心地よい眠りを誘います。

ただし風邪などでリンパ腺が腫れている時、熱がある時は、マッサージは、お休
みしてくださいね。

■自律神経を整える足にある、4つのつぼ

中封(ちゅうほう)、八風(はっぷう)、湧泉(ゆうせん)、足心(そくしん)、足にある効果的なつぼ(足ツボ・リンパマッサージ:著者五十嵐康彦)

 

数多くの足ツボの本がありますよね。図解入りでわかりやすいものがおすすめ。
Kindle版でダウンロードできる手引き書もあります。

足ツボマッサージ、リフレクソロジーの専門店もあちらこちらにあって、さすが
プロのマジックハンド、痛気持ちよいですよね。

でも毎日は、通えないので自分でも痛気持ちよい、足ツボマッサージを自分でも
初めてみませんか?

足の内側、くるぶしから1cm下手前にあるくぼみが中封のつぼ。
親指ので円を描くように押し、もみほぐします。

八風は、それぞれの足の指の間、足の指の下に反対側の手を置いて右足それぞれの
足の間を右手の人差し指で摩る、親指と人差し指で、つまみ、もみほぐす。

湧泉は、土踏まずの少し上、押すと痛気持ちよい(胃腸の消化機能が弱っていると、
かなり痛みを感じる人も)つぼです。

足心は、足の心、土踏まずの中央、足の裏の真ん中にあるつぼです。
湧泉も足心も両手の親指で痛気持ちよく押して刺激をあたえます。

足心は、胃もたれの時にも効果がありますよ。
お風呂の時間、バスタイムに足ツボマッサージすると気持ちよさが倍増します。

湧泉や足心の周りにもたくさんの内臓に関係ある、つぼがあります。
痛気持ちの良い自分だけのつぼを探すのも楽しそうです。

足のリンパの流れは、下から上へ、リンパ液は心臓に向かって流れています。
リンパのマッサージには、手の平、指全体で優しくがコツ。

つぼを力任せに強く押しすぎないように気をつけてくださいね。
リラックスできる痛気持ちよい、つぼの刺激が重要です。


風邪予防や自律神経対策に人気のにんにくサプリ

 

 

寒い時に風邪をひきやすいですよね?
寒いと体の細胞が活発に働かないため、ウィルスや細菌に対する抵抗力が
弱くなるためです。

 

空気中にはたくさんの細菌、ウィルスが存在します。
普段はそれらが呼吸で体の中に取り入れられても喉や鼻の粘膜が
正常に働いているおかげでバイ菌を退治してくれます。

 

でも体温が低い状態だと体の中の
免疫細胞の1種「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などが活発に動いてくれないため
防除率が下がってしまいます・・

 

その逆に防御率を高めるためには 「免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める」

 

ということになります。

 

免疫細胞の働きを高めるには体温が高いほうがいいというわけですね。

 

余談ですが風邪で熱がでるのは、防御反応です。
体温を上げて免疫細胞の働きを高めて、細菌に打ち勝とうとしているのですね。

 

 

にんにくには
「スコルジニン」はという成分が含まれていて体温を上げる働きがあります。

 

スコルジニンは
体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があります。

 

栄養素を燃焼させるので体温があがるのですね。

 

またにんにくに含まれている
ポリフェノールの効果としては、ストレスの回復を助けたり、
免疫力を高める作用があると言われています。

 



にんにくの力(体温を上げる、免疫力を高める)がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し自然免疫力を高め、風邪やインフルエンザウイルスの感染から守ってくれるのですね。


 

 

私は色々なにんにくサプリを試してみましたが、中国産のにんにくではなく、
九州産のにんにく(ただし、農薬不使用の有機にんにく)
が一番効果がありました。

 



 


私は当初、「無農薬、有機といっても、そんなに変わらないでしょ」と思っていました。。
でも中国産や、ちょっとでも農薬を使っているにんにくのサプリと比較して
体の調子がぜんぜん違ってきたので、今では「やっぱり、有機の力というか、何も手を加えない自然のちからってすごい!」
と感じています。

 

具体的には健康家族という九州の会社がつくっているにんにくサプリなのですが
臭いが胃からむあーと上がってこない、ほぼ息が無臭状態のも決め手でした。

 


>>臭いなし!九州産有機にんにくが決め手でした。

 

他のサプリは臭いがしないという、うたい文句でも、実際に飲んでみて
1ヶ月後くらいから、頭皮がくさいと家族に言われたことがありました。

 

その点このサプリを飲んで3年目になりますが、口臭も、体臭もまったく
にんにく臭くないのが気に入っています。

 

このサプリをとってから、風邪を引かなくなりましたし、悩んでいた自律神経失調症も改善にむかっていますので、同じような症状、体質の方はぜひ一度試してみてください。

 


>>1300円(送料無料)で試せるにんにくサプリ